格差社会が無くなることを夢見るより、ある前提での対応が必要か

私はアメリカ型の考え方が好きではあります。
この格差問題を考えたときも同様。

全ての人がどんなことでも平等であるべきと考えるのは理想論としてあってもいいとは思うけれども、人ひとりひとり違うと思えば、同じになりえることはありえない。

格差が生じることは必然であるということを前提に、格差の果てに大金持ちになった人達が、その多くの資産を貧困層に寄付とか貧困から離脱できるようなサービスなどに資金を出すということこそ、現実的ではないかと思うところもある。

貧困には、絶対的貧困と相対的貧困がある。
絶対的貧困は、先進国で見れれなくなってきている現象で、かつ、もしそのような状況になるなら多くの先進国ではセーフティーネットより救えるような仕組みを設けている。それらセーフティーネットから漏れ、餓死してしまうというような悲惨な話がたまにニュースで出てくるが、これらは例外と思いたい。

相対的貧困は、以下のように定義されている。
●コトバンクより
「相対的貧困率」
その他大勢の中で貧乏な人達と解釈してもいいと思う。

相対的貧困なんてものは、言葉遊びでしかないと先日記事を書いた。
相対的貧困で四苦八苦している人が、どのような収入で、どのような支出をしているのかがわからない。
手取り20万円程度あって、独り身ならそれが相対的貧困だろうが、多くの貯金ができるはず。
それができないと言うのなら、家計簿でも提示してみるといい。いろんな人がいろんな切り口で節約方法を教えてくれるだろう。


家計をよい方向に、収入と支出のバランスをよくし、生活レベルを収入相応に。
そして、貯めれる家計を心掛けてるよう、アドバイスをする。
そんなことを支援できればいいと思う。

以前、NHKによるなんちゃって貧困高校生の話は多くの話題となった。
そこでは、あまり知られていなかった相対的貧困に対する問題提起が行われたのだろうと解釈している。

ただね、上記でもいうよう相対的貧困なんて言葉遊びでしかない。

格差はなくならない。
昔から、そしてこれからも。
だから、格差がある前提で、事は考えたいと思うところ。

格差が生じる社会がいいとは思えない。
だけれども、悪しき平等主義が蔓延し、何をやっても変わらない格差無き社会がよいのか?

格差が駄目というのなら、どのような対応がとれるのか、また底辺にいるのを良しとしないのならそこから脱却できるようなことを考えたいところ。

今は、ネットを通じて多くの情報発信ができる。
そこに自身の貧困たる状況にして、収入と支出を明確に提示した上で、世の人に問いかけてみるとよい。
幸いなことに、実名なんて不要だ。匿名のネット世界をして、いろんなアドバイスを受け、そして改善していくようなことができるといいなと思うところ。

※衣食住、すべてを含み、また都内に住もうが、10万円以内の生活ができると思っている自分からするなら、どこをどのような支出をすれば、貯蓄0にしかなり得ないと言い切れるかが不思議でたまらない。できないものはできないんだよ!と言うのなら、そこで終わりじゃないんですかね??


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

テレビ離れ?あはは、これは面白い考えだ

●キャリコネニュースより
「「テレビ離れはテレビの大きさのせい」 日本の住宅事情に大画面は適さない? 匿名ブログの新説が話題」

キャリコネニュースは、まじめな話から、くだらない話まで多種多様な話が面白いので好きです。
さて、このリンクのTV離れについて。

私自身、学生で一人暮らしを始めてから、結構な頻度でTVを購入してきました。
時の最新機種で、かつ上位機種を何万円どころか何十万円で。
それこそTV購入に支払った金額は、100万円を超えているかもしれない。

画質の綺麗さ、また平面ブラウン管に感動して購入したSONYのWEGA。30インチちょっとのTVでしたが、非常に大きく重さ70kg。
初期のシャープのAQUOSの液晶は、さすがに最高機種は買えませんでしたが、初めて購入した液晶TVでした。
その後、REGZAに移り、何回か買い替えしています。
当時のREGZAに期待したのは、2画面やタイムシフト。結局、あると便利かなと思ったこれら機能は、使わずじまいでしたね。

現在の液晶TVに期待することがあるとするなら、有機ELディスプレイによる鮮やかさの追求。
さらに、4kや8kという解像度の更なる発展。
画面の大きさも期待。普及帯の最大は、50インチ台から60インチ台になってきています。

TVは、大画面で鮮やかな状態で見たいという願望(TVを売る側の)があるかと。
ただねぇ・・・私が言うのも何ではありますが、TVなんて見れればいい、それこそブラウン管だろうが、画面が小さかろうか、どうでもいい。垂れ流すだけの代物にお金をかける必要もなければ、価値を見いだせない。
その通り!

日本の家電各種、よくガラパゴス化を言われますが、TVも同じ道を。
ただね、低品質かつ格安なTVでも十分に見れるご時世、高品質かつ高解像度のTVなんて商用目的でないのなら、一部のマニアだけが欲しいだけの品物でしかなく。低品質低価格に路線が変更できない日本メーカは、いっそTVから完全撤退でもいいのでは?もう儲かる商品でもありませぬよ?と言いたいところ。。。

ま、少数なマニアたる私なんかだと、それはそれで悲しいとは思いますが。

今どき40インチ程度のTVなんて5万円前後です。メーカ選ばなければ3万円台だってあり、それこそ中古市場に転がっているものでいいのなら数万円です。

40インチ前後のTV自体は、6畳一間でも大きくは感じても慣れてしまいそう。
ただね、50インチ以上、55インチや65インチともなると、さすがに部屋を選びます。少なくとも6畳一間じゃ無理!


さて、大きく脱線した今回の話を元に戻すとして、、、
TVが大きい小さいが物理的に難しい問題はあれど、別に大きさが何かということはあり得ないと思います。
多種多様なメディアが充実かつ安価に提供される昨今、スマホで無料TVを見る事は容易です(通信量を確保することが前提ですが)。
現在の民放やNHKなど、提供しているコンテンツが貧弱かつチープに思えるほど、今は情報が氾濫しています。
そう、スマホをしてワールドワイドに情報を収集したり、無料のコンテンツで遊んでいれば、TVを見るという物理的時間が削減されるのは当たり前でしかなく。

ようするに、スマホを使って遊ぶ時間が増えてきて、TVを見る時間が減ってきた。
コンテンツは昔から変わらず、つまらなく、低レベルなことをダダ漏れしているTVに魅力を感じずといったところか。

TVがなくても困らないとまで言わないまでも、TVは見なくなったなぁという人が多くなっているのも時代の流れかも。

TVの放映権をオークションにして、コストに見合う媒体として魅力を感じさせるようすることができるのなら、今の昔を踏襲したようなくだらない番組から脱却できるのか?無理でしょうなぁ。
結局、多極化した多くのTV局の多くの番組をして、そこを利用して情報の収集や娯楽として楽しむというコンテンツが多くでてこなければ、どうしようもなさそうだ。


最後に、”テレビ離れの理由を「大きさのせいだ」”という観点は面白い。それが正しかろうと正しくなかろうと、いろんな観点から分析かつ検証を試みることはおもしろいとも。
でも、さすがに、それ、違うのでは?と思う自分もここにいるわけで。

キャリコネニュースのネタは、面白かったということに尽きるのかもしれない。




~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

悪いけど、犯罪者に人権は不要だと思う

●Livedoorニュースより
「万引画像公開を「めがねお~」社長が語る「自分がやるしかない」

●朝日新聞より
「「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷」


魔が差したと、ちょっと万引きとは訳が違う。
完全に換金目的で多くの価値あるものを盗む。
北区の別の店で盗みで逮捕された男は、上記の犯罪もということとなる。
完全に計画的犯罪。

下記は、ストーカー問題。
警察の対処は良いとは言えないが、そういう問題でもない。
勝手に逆恨みをして、人ひとりの人生をめちゃくちゃにした人物ということとなる。

さて、彼ら犯罪者が、刑期を終えて出所したとして、真人間になると思う人はどれくらいいるだろうか?
目には目を歯には歯をじゃないけれども、同じことをすればいい。
また、被害額相当を刑務所で支払えるまで出所不可とか。
また、非常に大変かつ、それでいてそれで食べていけるような仕事を強制的に。


少年法は不要と思っていもいる。
少年法の元、すぐに出所した少年少女が、まっとな人間になれたのは、どれくらいの割合か?
日本だけじゃないと思うが、自分勝手に行った犯罪者に優しい社会なんてありえない。
むしろ、何事も1度のミスですら、取り返しがつかないことが発生する可能性を考えてほしい。

●朝日新聞より
「飲酒運転死者、25%は巻き添え 総数は16年ぶり増加」

考えてほしい。
親しい友人でもいいし、子供や配偶者など身内、横断歩道を青でわたっていて、飲酒による判断ミスで死傷事故に発展したら。
人は羽目を外すときもある。だから飲酒運転者もある意味被害者だなんて、頭にお花が咲き、蝶々が舞っているような頭の持ち主ならわからないもないが。

死刑!

でいいのでは?


社会が、すべての犯罪者をどこまで許容し、そして飼うべきか。
どうせ、社会へ戻っても、同じことをする。
そういう犯罪は、断固許さない!そんな社会のが住みやすいと思うのは、浅はかだろうか?
酷い犯罪が蔓延る社会は、健全と思えないし、またそんな犯罪者は社会にいらないと思う。

そんな雑感。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

毎日積立の有用性を示す(その2

ニャーゴさんに教えていただいたモーニングスターのファンド検索画面より、、、
・カテゴリー:国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジ無)
・ファンド種類:ETF・DC専用・SMA専用を除く全ファンド
・インデックスファンド区分:インデックスファンドのみ
・運用年数:10年以上
としたところ、以下のファンドが該当しました。
※楽天証券でも年数の条件がフィールドにありまして、、、単純に見落としていたようです。なおほぼ同じファンドがヒット

設定日:1997-11-20 (MSCIセレクト) コクサイP
設定日:1998-12-01 ステート・ストリート 外国株式インデックス
設定日:2000-05-30 外国株式インデックス・オープン
設定日:2001-02-22 外国株式インデックスファンド
設定日:2001-10-17 インデックスF海外株式(H無)
設定日:2002-11-25 野村 外国株式インデックスファンド
設定日:2004-06-22 三菱UFJ 外国株式インデックスファンド
設定日:2006-06-12 日興 五大陸株式ファンド

前世紀が2銘柄。
このどちらかでシミュレーションをしようと思いますが、MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジなし)に連動させるとのこと。
うむ、条件は満たしましたね。

にしても、一番古い(MSCIセレクト) コクサイPは、22.46 億円。次に長いステート・ストリート 外国株式インデックスは、157.96 億円です。そう、純資産額が、、、。グローバルリートの兆を超える資産と比較するとスズメの涙程度ですね。なぜなんでしょうか?
※信託報酬が結構高いから?

さて、シミュレーションの10年を考えるなら、上記のどれで行ってもいいのですが、やっぱり一番古いファンドでやったほうが、更なる条件で行うこともでき面白うそう。

設定日:1997-11-20 (MSCIセレクト) コクサイP
※MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ
で行うことに決めました。

2007年1月の最初の営業日から2016年12月の最後の営業日までの10年間で。
このファンドなら、リーマンショックに関係ない場合でもシミュレーションもできそうで、今の条件以外のいろんな切り口でもできそうです。

どちらにしても、もう少し仕事が暇になって時間が取れたらですが。
※少しずつですが、いろいろとやっていこうと思います。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

毎日積立の有用性を示す(その1

まず、先の記事でも書いた通り、「SMTグローバル株式インデックス」を約9年間でどのような動きとなるかをシミュレーションします。

そのためには、まず最初にしなければならないのが、「SMTグローバル株式インデックス」の基準価額の遷移です。
これは、幸いにもモーニングスターが提供してくれています。

●モーニングスターより
「SMTグローバル株式インデックスのチャート」

このページの下のところには、
「基準価額をダウンロード」
「分配金をダウンロード」
「リターンデータダウンロード」
の3つのリンクボタンがあります。
そのうち上の2つである基準価額と分配金の一覧を取得します。
先の記事でも書きましたが、非常に面倒で残念なことに、このファンド、過去4回ほど分配金があります。
今回のシミュレーションで分配金をどのようにしようか考えましたが、再投資するより、受け取ったお金として別に計上して評価額に加算でいいのではないかなと思っています。自分の作成したExcelシートでは、再投資の計算も行うこともでき、再投資による場合でもできなくもないのですが、今回のシミュレーションの目的を考えると必須でもないことと、そもそも9年で4回、それもすべて20円ですから、あまり影響もなさそうだということで(毎月分配や大きな分配金がある場合は別です、影響が大きいので)。

上記で基準価額と分配金の一覧が取得できました。
次に必要なのは、営業日です。その投資信託を購入できる日がいつかということになります。
ですが、これも上記の基準価額の一覧で賄えるかと。何も証券会社の営業日を過去から調べるなんて面倒なことをすることなく、この基準価額の日付をもってして代用できると思います。なお、この投資信託は、2008年1月9日からです。シミュレーションとしては、2016年末日こと、2016年12月30日までの2201営業日分のシミュレーションを考えます。

すなわち、このシミュレーションでは、約9年にも及ぶ投資をするにあたって、2201万円を持っている人が、毎日毎日1万円ずつ積み立てることと、毎月約20万円(月の営業日×1万円)くらい9年×12か月投資する場合、2201万円を一括投資をする場合とどれが一番よいかということです。

あはは、おまえ馬鹿だな~っと思った人は正解です。
リーマンショック後の暴落時の最低価格時に全額投入した一括投資が一番儲けが出るのは間違いなく。
ですが、このシミュレーションは、一番儲けがでる場合を求めるのではなく、9年間の2201営業日のどの時期に一括投資2201万円を投入した場合、その2201パターンでどのくらい評価額が分散しているかを求めることに主眼を置いています。
まだ計算していないので明確なことは言えませんが、2201パターンがどれくらい評価額として分散しているか、またその平均はどれくらいか、それは毎日や毎月積立を行う場合と比較してどうなのか。
そういうことを調べてみたいということです。

毎日積立投資は1パターンしかありません。
毎月の場合は、日を1日~月末日まで約30パターンでやりたいと思っています。別に毎月1日に投資をしようが、毎月25日に投資をしようが9年という期間ならそれほど大きな差は出なさそうとは思っていますが、それでもこの約30パターンがどれくらい分散して評価額がことなっているかがわかれば面白そうだ。
どういう結果になるか分かりませんが、毎月1日に積立した場合に比べ毎日25日に積立した場合のが評価額が良かったとかなったら面白そうだ。要するに毎月任意に購入することが9年という期間でどれくらいブレが生じるのかということ。

その毎月の約30パターンは、毎日の1パターンに比べてどれくらいブレが発生するものなのか?

私の考えは山崎元氏と同じで、一括投資もドルコスト法も同じ。まして毎日だろうが毎月だろうが違いはなく、それをわざわざドルコスト法がいいとか、毎日積立がよいなんて言うのは寝言は寝て言えといいたいだけ。
まして、長期でみれば相場が右肩上がりであることを前提にするのなら、ドルコスト法による「機械損失の発生」を考えなくてもいいのか?と山崎氏と同じ突っ込みを入れているだけでしかなく。

まぁ、この投資信託のこの9年で正しいシミュレーションができるのか?
それだけですべてを断言できるほど、正確な結果がでるのか?
と問われれば、そんなの無理だし、できないとしか言えません。
そらそうです、有名どころの世界規模の株式に投資をするような投資信託の一番古いものでも9年しか運用されていません。
他にもっと長いものがあるとしても、30年やそれ以上のものは日本ではありませんから。
そして、今回のシミュレーションする期間には、リーマンショックという大きな暴落イベントがあります。

なので、正確な結果にはなりえないだろうが、という前提がつくことになります。
とはいえ、毎月1回積立を行う場合と毎日積立を行う場合とでは、比較がそれなりにできそうです。
その結果が大きく差があり、どちらかが優位だと明確に表せるなら、それは十分有意義なシミュレーションだったと言えるかもしれません。

計算前から言うのもなんではありますが、たぶん、違いなんて出ない。殆ど同じで、毎月1回の30パターンの平均くらいが、毎日積立と同じくらいになるのではなかろうかと予想しています。
まして、毎月1回の30パターンが殆ど同じような結果なら、毎日積立することに意味なんて殆どないと言う証明にもなるでしょう。

「労多くして功少なし」となったら、ま、毎日積立なんて意味ないから、普通のドルコスト法をやっている人のように月1回程度でやっておけばいいという結果になるでしょう。
上で書いた通り、これで全部を示せるわけじゃありません。
リーマンショックのような暴落がない10年なら?世界の株式に投資する投資信託だって指数と乖離するものもあるので別の投資信託なら?期間が10年(今回のシミュレーションでは9年)なんて短すぎる、もっと10年後や20年後になってもっとデータが集まったときにしか評価できないでしょう!とか、いろんな意見が出ることは分かっています。

ですが、今は、この程度のデータしかなく、その範囲でシミュレーションをして、物事を定量的に見てみたいと思いませんか?

トンデモ理論の感情的な説得力皆無の話より、分かりやすいような気もします。
ま、結果は概ね予想ついているので、あとは、その予想に比べてどれくらい違いがあるのか、それが見れると面白いかもしれないといったレベルの話です。

ま、やる事は簡単でも面倒な話ではありますので、だれか代わりにやってくれないかな~っと思いつつ、休みや暇なときにでもちょくちょくやっていくつもりです。まだ~?と言われつつ、もうちょっと待ってほしいかも、、と常に言い訳を言いつつ、、ってならないように、、、と思ってはいるんですが・・・(苦笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング