長期投資とポートフォリオ

ここ数日多忙だったこともあり、一挙に記事を。
う~ん、予約投稿で1日1回公開するようにしたほうがいいのだろうか?ま、いいか^^


さて、ポートフォリオの件です。
年齢や投資への考え方、また資産の多寡でいろいろと変わります。
日本国内に比重を置く人もいれば、海外への比重を多く取る人も。
債券を多めにしたり、株式を多めにしたり、またいろいろとあります。
更に、生活防衛費を厚くして、投資への比重を小さめに抑える人もいたり、その逆もいたり。

ようするに人それぞれでポートフォリオは構成されているといっても過言ではなかろうと。

では、投資から一旦手を引いても、将来には再び投資を行おうと考えている人の場合、そのポートフォリオはキャッシュのみ。
株式もなければ、債券も保有していない状況において、それは投資をしているということになるのだろうか?

極端な話にするなら、今現在すべてキャッシュ、または本当に1割以下の資金のみ投資に回しているようなそんな状況において投資をしているという認識でいいのかどうか?

現在、キャッシュ比率を大きくしている、または全部キャッシュだという状況をして、投資の、ポートフォリオの一部形態でしかないと。投資を止めているのではなく、休止しているだけ。長期投資は継続しており、たまたま今のこのようなキャッシュが非常に厚いポートフォリオになっているだけだ!と。


何が言いたいかというと、投資を完全に止めたという認識でなければ、投資は継続しており、長期投資を継続中という考えでいいのかどうか?ということ。

う~ん、どうでもよくないですか?と問われれば、そうかもね~と言いそうです。
ことは、長期投資とはどういう状態であるべきかということと、長期投資は重要であるということの2つの観点から、キャッシュ厚めのポートフォリオの状況のとき、それは長期投資を重要との認識で、ポートフォリオを組んでいるのかどうか?と。


うん、言葉遊びですね(笑


正直どうでもいいかもしれません。
人生、投資で資産を形成する年数を20~40年くらいで考えるのなら、そのうちの1年や2年等の数年、投資から一旦離脱しようが関係ないのではなかろうかということ。それを長期投資中のキャッシュが厚かったポートフォリオだったな~っと、それだけでしかないんだろうと。


やっぱり、言葉遊びですね(爆笑


長期投資が目的ではありません。
資産形成には長期投資が合っているということだけなのかもしれません。
資産形成ができるのなら、長期投資である必要性どころか、投資すら不要であるかもしれません。


だから、本記事は、どうでもいい、そう言葉遊びでしかありません。


これからナイターの映画(ドクター・ストレンジ)を観に行くのですが、暇だったので、くだらない独り言をぶつぶつと。
はは、意味のない記事は、4記事目以降(この記事は6記事目)に書くに限りますな、ははは。


帰ってきたら、追加記事として、感想を書いていたり。
この頃、楽しかったと思える映画しか、感想を書いていないような気がします^^

※追記
ドクター・ストレンジ、面白かったですよ。
Marvelの映画ですからね、そう、Marvelの。
また続編がでそうです(にやり


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

駄文)毎月分配型投資信託が駄目な理由?。仕組みが悪いのではなく、リテラシーがない人が多いから?

駄文で、笑い話です。

前から言っているように、あれだけ目論見書に大きくそしてページを割いて書かれている特別分配こと払戻金を理解できないような人が、それも非常に多くの人が買い支えているから1兆円を超える純資産額がある投資信託が存在するんでしょう。

トータルリターンでプラスならいいではないか?
う~ん、確かに。どんなに高尚なポリシーの元で作られた投資信託があったとしても、それトータルリターンがマイナスになるようじゃ、まったく意味がありませんからね。

とはいえ、特別分配の意味を理解していないのはどうだろうか?ということでしょうか。
リテラシーなく、そして目論見書も読まず、儲かるなら(トータルリターンがプラス)なら、恰も利益だけから分配がでる(と勘違いや理解不足)と思っている人が多いから。
そんなリテラシーが高くない日本の投資信託市場が歪と批判するのは簡単ですが、ま、、治らないでしょうね。
投資なんて、面白味と納得がなければ、それが正しいから良いものだから広がるわけじゃありません。
これは、ことが金融商品でなく、家電だろうがなんだろうが同じ話。良いものだけが拡散していくと考えているなら、認識甘いな~っと思うところ。

そんな感想。


●以下、脱線記事。消すのもなんなので、残していますが、掲題とは関係薄し
そうそう、いきなり脱線しますが、私が毎月分配型投資信託でよくわからないことがあります。

毎月分配型投資信託のような分配が多い投資信託を考えた場合、分配という仕組みにおいてどれほどコスト(信託報酬等)が上がるものですか?ということ。もし、その分配によるコストが非常に大きいのなら、毎月分配の分配の殆どないアクティブファンドと比較して非常に悪いということが言えると思うのですが、毎月分配型投資信託を批判する人で、このコストを定量的に指摘している人を見たことないんですよね。逆に、このコストを明確にすることができるのなら、毎月分配型投資信託を批判するときの大きな武器となるだけに。計算が難しい?ファンドの情報に計算するべき情報がない?信託報酬や何かにすべて含まれている?などなど。

金融商品ってなんなんですかね?
不誠実だけれどもリターンが多く、多くを儲けさせてくれた金融商品

誠実だけれどもリターンが殆どなく、少ししか儲けさせてくれない金融商品。
さて、どちらが?

更に言うなら、世界規模での好景気なら、どんなめちゃくちゃな金融商品だろうがあがりますし、リーマンショック級ならパッシブ投資だろうが下がりますし。

金融商品なんて結果だけだと思うのですが、これってお金儲からなくてもその方針が共感できるならいい!ってことなんですかね?独立系の投資信託を応援で購入している人もいますし、そういうことなんでしょうか?

さて、以下、金融リテラシーの話。
●金融庁より
「最低限身に付けるべき 金融リテラシー(知識・判断)」

投資関係のブログなんかを散策しているような人なら1度は見たことあると思います。
一時期、この資料より記事を書いていた人も多かったですし。

さて、この金融リテラシーでは、4分野15項目のことが書かれていますが、私としては2分野や2項目だけで十分だと。
1.家計管理
 1)適切な収支管理(赤字解消・黒字確保)の習慣化
2.生活設計
 2)ライフプランの明確化及びライフプランを踏まえた資金の確保の必要性の理解

3.金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択や4.外部の知見の適切な活用がいらないとは言いませんが、1.や2.に比べると、非常に優先度は低いかと。1.と2.なくして3.や4.はないと思うだけに。


バランスのよい収支を心掛け、多くの余剰金を作り、そして将来の養育費や老後などのライフプランを考える。
多くの余剰金ができ、それだけ十分なら3.や4.を考えるまでもないけれども、余剰金そのままでは難しいので投資を考える。

う~ん、投資を絶対視している、またはかなり有望と思っている人はいるとしても、元本保証のない投資において、絶対はありませんからね。儲けるつもりが、損を出してしまったということがあり得ることを本当の意味で理解しているのかどうか・・・。

多くの余剰金を多く作り、リスクを承知で比較的短期間(10年以内)で目標額を達成し、そして、投資からは距離を置く。
それができるくらいなら、苦労なんてない!って突っ込まれそうですが。
若い時分に無理したほうが、失敗時にリカバリーできる時間もありますからね。
敢えてやらないのは、ぬる~く資産形成する方が楽だからでしょうか。ま、そうなりそうですやね。

最後に、儲かることが実証され、リスクが大きく下がるなら、投資に興味を持つ人が増えるでしょう。
それなら、金融庁は、こんな金融リテラシーの啓蒙なんて遅々たる話を上げるのではなく、証券税制を0%にするくらいの大鉈をふるうくらいの政策を財務省と戦うべき。0%はやりすぎなら、再び軽減税率時の10%に。NISAなんて、面倒な仕組みはいりませんがな。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

1mmたりとも参考にならない億り人の投資手法

こんな億り人の投資手法は間違いなく参考になりません。

「例え億を超す資産が半分になっても困らない」

保有して、もう10年ちかく経つのかもしれません。
毎月分配型の投資信託をピーク時1.5億円、そして現在は2000万円ちょっと保有している自分が思っている底辺には、、、

効率よい投資手法なんて関係がない。投資を継続できることが重要で、自分がやっていて楽しいとか納得できるとかそういう考えなくして、投資なんて続けられない。効率が悪くなっても、現在の億を超える資産では、問題になり得ない。


ということです。
資産がないとか、合理的を求める人からすれば、何故毎月分配型の投資信託を選択するのか?と不思議に思うかもしれません。
ですが、投資を継続することを重要視するなら、効率なんて関係ないのですよ。
資産の多寡は、投資手法に影響がない!と豪語する人はいますが、そう人に限って億を超えたり、もうお金に困ることはないという状況になっていないのですよね。

当然、資産が半分になっても困らないと思って投資をしている投資家もいれば、億どころか10億を超えようと、手堅く誰もが手本としたいような投資をする人もいます。ただ、お金が半分になっても困らないと思っている人になると、そんな投資手法は真似できるわけもなく、そして精度が非常に悪そうだ(爆笑。

私なんてかわいいもので、億を超えてほぼ資産を集中投資して、更なる資産を増やすことに注力している人もいます。
すごいですね、もう(笑
当たれば2倍!。外れて半分になっても生活困らない!。

そんな投資手法が役立つのは、同じ考えのある人だけ。
それ以外の人から言わせてもらえば、1mmたりとも参考になりませんなということに。


お金があってもこれっぽっちも偉くもなければ、立派であるわけもありませんやね。
人を信じず、頑固で言うことを聞かない、ただのお金があるだけの頑固な大人。国民の義務を蔑ろにして権利だけ主張し始めたら末期だ。昔から、そういう人はいますよね。映画の中にも、現実世界にも。


はは、あんな馬鹿な投資してら~って笑ってみてあげるのが、本人のためになるのかもしれません。
※毎月分配型投資信託メインの私なんて、もう昔からそう見られていること間違いなし!(爆笑
※軽く計算しなくても、仕事を止めて完全リタイアしても、お金に困ることはなくなっている模様。ま、50歳前にはリタイアするさ^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

情報リテラシー、WELQ難民やデマに思うこと

●WITHNEWS より
「「WELQ難民」仕事求めてクラウド漂流 個人では無理、集団で「営業」」

●BUZZFEED より
「大量拡散の「韓国人による日本人女児強姦」はデマニュースか サイトは間違いだらけ」

「韓国デマサイトは広告収入が目的 運営者が語った手法「ヘイト記事は拡散する」」

どうにも情報リテラシーを問われる、そんな記事です。
前者のリンク記事に関して思うことがあるとするなら、お金のためにどんなに質が悪く、またコピー&ペーストでもいいと思っている低レベルな人が多いということでしょうか。
そして、笑えるのが、「そんな値段で果たしてできるのでしょうか?」です。そんな安い値段だから時間も調査もせず、コピペでいいと思っている安直かつ低レベルな人が多いということ。本来、自分自身の調査や意見をもって記事とするところで、かつ相応の費用がかかるべきところを発注側もアクセスだけ増えればいいというお金だけの低モラルにおいて行っているから。そしてそれにホイホイ誘われて安直に仕事をする底辺。もうね。

アクセスを増やし広告料が多くもらえるよう、それだけ。そんな蜜が如く広告料に群がるアリたち。そんなところか。

そして、後者です。
ここまでくると、広告料収入だけに、嘘ことデマを発信する。末期なり。
低レベルというようなレベルですらなく、嘘を流布する犯罪が如く。ひどい話です。
そしてこの手の人は、完全に広告料収入だけ。笑えるのは、嘘を嘘と見抜けない人が悪いと思っているところ。確かにその通りではあるのだが、とはいえネットにもモラルはあってしかるべき。


この両方の記事を読んで思うことがあるとするなら。
安直にお金儲けに頼ったあまり、あまりに低レベルだな~っと。そして、そのうち何らかの規制が入るかもしれないと思うことか。
著作権をもっと厳密に適応するなどしたら、いろいろと大変そうだ。まぁ、全部引用ということでソースを明記する、これくらいは当たり前か。


にしても、デマの方は、ある意味すごい。普通に嘘が出てくる、そして、その嘘が本当にありそうだ、あってもおかしくないと思わせるところに。そういう能力は、もっと違うところで出せれば、記者としてもライターとしても成功する(いや、しないか)かも?

前者は、完全に悪貨が良貨を駆逐した結果という感じですね。
素人がネットでちょっと調べて記事にする。適当なことを書いてそれでOKとする。
そんな人が増えて簡単に時間もかけずに記事にする。そして発注側も記事の内容なんてどうでもよく、そして責任も取らない。
はは、、、
本当に良質な記事を書こうと思えば思うほど、安価な料金ではやっていけない。もう、まともな人こそ、こんな業界に残っては生活できないのでは?

たまに馬鹿な奴が、安価で良質な記事ができるものか?!。安価だからしかたない!とか言いますが、逆ですよね。
安価でやっていけないのなら、その業界から離れるべき。今の風潮が変わらない限り、更なる安価になるこそあれ、相応のものは限りなくなくなるでしょうに。いつまで、凋落している業界に残るつもりなのでしょうか??


ブログでも同じです。アフィリエイト目的のブログは、その広告におけるリターンを大きく期待しているところも少なくありません。
ですから、本来、一番よいと思っていない商品でも、よいしょ記事としていることを考えたほうがいい。


それにしても、安直すぎる。
広告収入が入るからといって、そんなことばかりしては、、、ねぇ、、、、。

情報リテラシー、これも難しくなってきています。
有名な企業の関連企業や子会社がやっているからといって正しいとは限らない。
まして、まとめサイトや個人ブログなんて、正しくない可能性が高そうと思ってみるくらいがいい。
既存の大きいメディアが正しい情報を発していないことだって珍しくもない。

人は、自分が信じたいことを信じてしまうということ肝に銘じておくといい・・・
そんなところでしょうか。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

相続税対策と賃貸

●毎日新聞社より
「内閣府が「バブル」警鐘 相続税対策で着工急増」

思うことがあるとするなら、安直に考えては、逆に大損する可能性もあるかもしれないですね、といったところでしょうか。

賃貸、たぶん5,6回。
学校に近いとか、会社に近いとかに加え、周りに飲食店が多いとか、駅に近いとか、そして安い!、そんなことを考えて物件を探したものです。

駅近くにある不動産会社で物件を紹介してもらうにしても、なかなか自分が期待する物件が出てこなかったものです。
ネットにある本当にこれだ!と思うようなものは、連絡しても、すでに決まった後なんかも多く。

うむり、脱線した。

さて、リンク記事の話ですが、供給過多で賃貸物件を作成するも、入居がない!とか本当に多くありそうで。
そして、豊島区の例を考えると、やっぱり地方自治体の政策って重要だな~とも。

物件探ししていると、本当に40m^2とか少なく。
ワンルームは、いろんな意味できつそうだな~っと、そんな感想をば。

30m^2以下なんて、家族で住むには小さすぎますからねぇ・・・。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング