AllAboutマネー「お金の悩みを解決!マネープランクリニック 」、反面教師とするにはよい教材と思う

●All About マネー より
「お金の悩みを解決!マネープランクリニック 」

殆ど反面教師に使えそうな題材というか、記事。
記事を見て思うは、通信費に1万円オーバーは、もっと見直しできるはず。
そして、食費。これも1人で3万円以上は、おかしいとしか言えず。
旦那のお小遣いが多すぎるのも大問題。

それら問題に対してFPがそれなりの回答をしているのを見て、我が家の家計と近い!同じような問題をして、そのような対策をすればいいのか!と思うことができるなら、いい記事が多いのだと思うところ。

にしても、相談する人の大半(ワーキングプア除く)は、本当にお金の使い方が下手くそだと思います。
その出費が減ることで、そしてそれを継続することで、10年後、20年後には、1000万円以上の差がでるかと。
1000万円じゃ、たりないかもしれませんが、預貯金等で1000万円あると、やっぱり安心できるというもの。


最後に。
これはすごいと思いました!
「40歳独身女性、月収12万円。老後の備えをどうすべき?」

この方が、もし手取り20万円くらいの収入があったのなら、今頃余裕で1000万円、いや2~3000万円くらい貯めていたのではないかなと。私も20代や30代前半まで、お金をほとんど使わない生活をしてきましたが、これほどのことはできていません。

10年以上前の話なので、うろ覚えではあるのですが、、、
家賃:7万円くらい
車両費:0円
食費:3万円くらい
電気ガス水道:1万円くらい
通信費:5000円くらい
雑費:1万円くらい(飲みも含む)
保険料:2000円くらい(県民共済)
社会人15年目くらいまでは、住む場所がいろいろ異なったので、家賃が変わりましたが、概ねそれくらい。
本代は、月々数千円程度。本代が増えたのはここ5年くらいですから。

今は、食費と本代がシャレになっていないので、+10万円以上でしょうが。
もういいよね?と、自分にかなり甘いことを言ってみる^^;;


別段お金を使うから幸福度が高まる訳じゃありません。
その逆で無いなら無いなりにお金を使わない楽しみをして、幸福度を上げていけばいい。
どうでもいいような、削っても大きな影響を与えないにも関わらず、月々支払い続けている支出ほどもったいないものはなく。
小さな浪費は、10年後、20年後、、、結果として大きな差になることを考えておくとよいと思う。

えぇ、40代以上でそれを思っても、もう遅いと思いますがね。
可能ならアラサーくらいで気が付きたいものです。

お金の使い方が上手い、収支のバランスの良い人には、是非頑張ってほしいものです。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

野村の応援プラン プレミアムコース 2017 第二弾 特別金利1.8%

先日まで行っていたプレミアムコース、満額に達して終わってしまったものです。
ですが、その第二弾が昨日~来年の1月末まで再び!

特別金利は1.8%(税引き後、1.434%)です。
とっても高い金利ですが、以下2点が残念という。

・1ヶ月物
・1契約あたり3000~5000万円

前者の残念な点、半年とは言わないけれども、3ヶ月くらいあったらなぁ、、、。
後者は、余剰金持ちのあぶり出しでしょう。最低が3000万円というのも、最大が5000万円というのもおもしろい。
余剰金持ちなんて腐るほどいると思っています。普通預金にそれくらいある人もいますからね。

もし3000万円なら、35850円。
もし5000万円なら、59750円。
そう、1ヶ月後にね。

その1ヶ月をして、その額をどのように見るかは、人それぞれですが、その対象の銀行が潰れるとうことでもなければ、元本保証ですから、安心です。まさか、たかだか1ヶ月の期間をして、機械の損失だ!とか愚かなことを言う人はいないでしょう。


なお、私は上限の5000万円の投入です。
明後日、口座から引き落としを予定しています。
約6万円の利子を受け取ることができるでしょう。これで何か知り合いと遊びに行くなり飲みに行ってみたいものです。


今日は、対面で手続きを。
そこで、いろんな金融関係の情報を聞きつつ、へぇ、さすがに売り側、今の相場もまだ上がるとな!!
強気にちょっと引いてしまいました^^;;

まぁ、私の場合、今はキャッシュ比重を上げることを変えるつもりがこれっぽっちもない旨を伝えてます。
どんな金融商品を紹介されようが、今は興味ありません!
相場が急落でもしたら、また連絡いただければ。と、このスタンスを終始徹底して説明しました。
とはいえ、面白そうな金融商品があれば、また連絡くださいとも言っていますので、また、ちょびちょびと連絡はあるでしょう。


こういうキャンペーンに似通ったものの1つに退職金と高金利(ただし短期)の定期とかあります。投資信託と組み合わせたキャンペーンもあったり。もし、退職したら、こういうのを有効利用してみたいですね^^


最後に。
つみたてNISAやNISAについて聞いてみました。
NISA → つみたてNISAについては、あまり多くもないようです。ただ、初心者はNISAなんて興味ないですよね?という質問に対して、NISAのときも初めて投資を行う人はいました。つみたてNISAも同様ではないでしょうか、と。
へぇ、、、そんな馬鹿な!って感じもしましたが、そういうものか。

そういえば、1つへぇ!と思ったことが。
つみたてNISAで選べるはノーロード。だから、それをして資産形成ができるという。これは、手数料が高い対面の証券会社を使っているとしても、つみたてNISAならネット証券と同じになる。それは、た、確かに!と思いましたね。

iDeCoは、宣伝はしていないとのこと。手続きはできないというわけではありませんが。
まぁ、そうなりますよね。売る側に旨味があるわけでもありませぬ故。

ちなみに、1ヶ月後、満期を迎えたらなら、銀行の普通預金か証券会社の預かり金に戻します。
そして、面白いと思う相場になるまで、キャッシュです。
株主優待狙いの個別株は除く!といった感じになりそうです。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

所得と控除、この関係をうまく利用して節税を心掛けたい!

●国税庁より
「No.1300 所得の区分のあらまし」

所得の区分は、1の利子所得から10の雑所得までの10この区分があります。
その所得のうち、控除が使え、また現実的にその所得がりそうなものと言えば、、、

配当所得と配当控除。
給与所得と給与所得控除。
退職所得と退職所得控除。
一時所得と特別控除。

くらいかな。
そのうち、上2つくらいかな現実的なもの。退職所得は辞めませんともらえませんし。
一時所得となるような所得もそうそうあるものでもなく。

ただ、給与所得とその控除。これは普通に適応されているでしょうから。

配当所得と配当控除ですかね。
ただ、これも、他の収入がなく、330万円の配当金。その控除によって税率の10%と配当控除の10%で相殺。
地方税の5%だけ残るなら、330万円の約20%こと66万円かかる税が5%たる16.5万円。すなわち約50万円も少なく、313.5万円くらい入手できるのでは?!という妄想。

サラリーマンしていて、給与収入があるのに、総合課税なんてないわ~ってことで終わってしまう話です。
なので、リタイアして、分配型の投資信託の分配金や株式の配当は、総合課税&配当控除をうまく使ってみたいものです!
そんなにうまくできるとは思えませんけれども。面白いとは思います。

以下、国税庁の情報は把握しておきたいですね!
No.1331 上場株式等の配当所得等に係る申告分離課税制度
No.1250 配当所得があるとき(配当控除)
No.2260 所得税の税率


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

800億円かぁ、お金があるところにはありますね

余剰金が5000万円できたことと、1か月の短期であることもあって「野村証券 応援プラン プレミアムコース 2017」の申し込みができるかな?と、ダメ元で野村證券に。

ダメでした!(苦笑

HPからも情報がなくなっており、たぶん、予定額集まってしまったんだろうな~っと思っていましたが、その通りで。
そのうち、また似通ったサービスが出てくるでしょう。前も同じようなものありましたしね。

にしても、最低3000万円からのサービスです。
天下の野村證券のお客様たちといったところでしょうか・・・。
良く集まるよなぁ、、、お金が余っているところには余っている。そういうことなんだと。

ちなみにこのサービス、1か月の金利1.8%。
たとえ上限額まで預けても資産形成というより、ちょっとしたお小遣いができた!ということでしかないんですが。
ちょっと残念!。もし、可能ならやってみたかったですね!次に期待でしょうか。




~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

金借りて、返せないのを貸す方が悪いという頭が悪い人達

奨学金が最たるものなのかな、いやカードローンとかもか。

奨学金は、借り手たる学生が能動的に動き、お金を借りることになります。
その際、金利等も明確に。

上記は、別段奨学金だけではありません。
カードローンなども、借りるまで金利は教えないよ!なんてありえません。

お金を借りて、返済計画を立て、金利と返済額に従って、いつまで返済を続けるか。
それだけであり、それ以上もそれ以下もなく。


大昔からそうです。江戸時代だってなんでも。
お金を借りたい人は、土下座までして、金融機関等からお金を借りて、いざ返済ともなれば、文句を言う。
バカですね!

そこに、同情の余地なし。

貸す人がいるから!
恰も簡単に返済できるように誘導された?!とでも?

底辺は、なるべくして底辺になっているだけ。
リボ払いにしても、カードローンにしても、お金を貯めてから借金をすることなく購入すれば、金利を支払う必要はありません。
さすがに住宅購入ともなれば、数千万円くらいかかります。これを貯めてからでないと住宅を買えないというのではあまりに。そうなれば、住宅ローンを借りるのもありでしょう。今は空前の低金利の住宅ローンですし。変動金利が1%以下なんて珍しくもない時代ですし。

車は?高級車、それこそ年収以上ともなる何百万円もの車。それ、本当にそんなに必要なの?と、小一時間問いたいけれども、そういう趣味の車なら、少なくともある程度頭金を用意してからじゃないの?500万円や600万円とか、ありえないんですよね、趣味とか好きだから!というのなら、その購入をしてローンを組むにしても、生活の負担になるようじゃ、ダメでしょうよ!と。


どっちにしても、計画なきローンこと借金をして、明日はなかろう。
低金利ならともかく、借りるときにわかっているんですよ、金利!。


すぐにアベノミクスのせいとか、バカじゃないの?
そんなもの不必要な借金をしているから、貧乏になっているだけ。


過度な格差社会が良くないことは万人が認めるとして、普通に市場経済が発展している状況をして格差が全く生じないと考えているのなら、なにか考え違いしているんじゃないかなと思う。

働けば働くほど、お金は稼げます。
使わなければ使わないほど、余剰資金たる資産は増えていきます。

首都圏に出てきて働けば、手取り15万円や20万円なんてめずらしくもなく。
稼げない人はえり好みしているとは言わないが、働き方が下手くそなんじゃないの?

どのような職種でも人が足りなくってこまっているところがあります。
そのような職種をして、それに合うスキルを取り、仕事をしていけばいい。


借りるときは、へいこらして・・・
返すときは、安倍首相が悪いとな?
物事を考えずに画一的に安倍が!安倍が!とか言っているようでは、底辺から抜け出せないだろうなという感想。
文句を言う前に働けば?。稼げない仕事なんて止めて、稼げる仕事に就けば?
計画性をもって借金をすれば?
必要だからお金を使うのであって、お金があるから使うのは、ちょっと違うのでは?

できなければ、底辺から抜け出せる要素は1つもないような気がします。
そこそこ働き、必要なものだけに使い、そして貯めていく。
できないんだから、しょうがないだろう!って逆切れされても困ります。バカにつける薬はなし。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング