不動産売却を依頼して、各会社の秀でているところを提示してもらう

不動産査定一括サイトに登録すると、そこから複数の不動産会社に連絡がいくらしく、その物件に魅力があるならその日のうちに複数社から連絡がきます。

メールだけだったり、電話だったり、また、実際に会って話をさせていただいたり。
駅近の築浅の物件ではありますが、首都圏の地方都市の普通の分譲マンションでも10社には満たないですが、複数社から連絡が来ています。そのうち実際に会って話をしたのは5社程度。いろんな会社があり、面白い。

どこの会社に決めようか決定するには、その不動産会社に何等かのメリットを提示してもらいたく、他と違うメリットにはどんなものがあるか、会うときには確認させていただいてます。

以下、私のケースで、面白いと思った話などなど。

1)手数料の割引
⇒3%+6万円だったっけか。その手数料を割り引く。今まで聞いた中では、30%が上限。まったく下げない会社や20%くらいまでなら!といった限度を提示する会社さんもあり。売却したいマンションの関連会社だったりすると割引率が大きくなったり。また関係ないのだけれども別の保有しているマンションの関係会社の場合でも割り引いてくれたり。後は、交渉ですね。ダメ元でも聞いてみるといいかなと思います。

2)サイトの登録
⇒不動産の広告にもはやネットがないなんてありえません。SUUMOなんかが非常に有名ですが、そのようなところに登録してもらう。この登録も有料無料などがあり、無料に比べて有料の方が情報を多く載せれたりします。どこにUPしますか?そしてどのようなUPの仕方がありますか?と確認するのは、重要です。私なんてSUUMOだけで十分じゃない?と思っていました。そして無料と有料の差があるんて知りませんでした。買い手側が検索したとき、ヒットするかは重要ですし、さらに言うならそのヒットした自分の物件が詳しく、そして買いたいような見栄えあれば、ということ。

3)広告等
⇒不動産会社がやる気だったりすると、紙ベースの広告を打ってもらうこともあります。地域の新聞に折り込み広告として。これ、2~3枚無料でもらえたりします。へぇ、って感じ。別段目を見張るようなものでもありませんし、今どきはネットが主流ですが、こういう地道な販促もありなのかもしれません。費用対効果がどうあるか分かりませんし、その影響で売れるかもわかりませんが、こちらが費用支払うことなくやってもらえるならやってもらってもいいと。

4)家具一式
⇒まるでモデルルームのよう、空き室にテーブルや照明等、不動産会社が用意した家具を配置してもらえるサービス。当然売買が成立したら引上げてしまいます。上げるというものではなく。ただ、内覧に来たお客様が、イメージをわきやすいようにしてくれるサービス。賃貸物件を内覧したことある人ならわかると思いますが、な~んにもない部屋をして、その生活イメージをつかむのはそれはそれで面白いことではあるんですが、実際に家具がいろいろとあるなら、そっちのがイメージわきやすい人も多かろうと思います。1社しかこのようなサービスはしていませんでしたが、面白いと。

5)住宅設備保証サービス
⇒概ね1年くらいか。売った物件の何か故障やトラブルがあった時に、保証があるサービス。1年以上の保証をサポートする会社さんもあります。売買した双方にとってメリットがあるサービスです。これは、可能な限り確認しておきたいところ。なおこのサービスがなければ7日間だったかな。7日を超えた場合、もう売り主は関係なく。買い主側で修理等が必要(ちょっとこの話は、あまり詳しくなく。興味ある人は自身で調べてみてください)。これはあったほうがいい。そして可能な限り長い期間が望ましいといったところ。
※主要設備の修復が7日以内。瑕疵担保が3か月らしいです。


当たり前の話ではあるのですが、売り主も不動産会社も早急に売却できて、問題なく売買契約が成立してもらいたく。
そして、いろんな保証だったり、サービスだったりをして、成立させようと努力をしてくれます。


ここで、ちょっとあれかなと思った話を。

A)自分等の手数料を上げるべく値上げを提案してくる
⇒根拠あるなら、問題ある話でもありません。むしろ、やってくれると嬉しい!。根拠としては、近々の売買成立事例をして、その相場より低いことを提示してくれることかと思っています。同じような物件が3000万円で売却されているのに2500万円で売るのはもったいないです。早急に売買したいのは分かりますが、せめて2800万円まであげませんか?といったことを言われるなら、おっ!いいな、それお願いします!になります。ただ、諸刃の剣で同じ物件を上げるのはきっつい。それと一つ間違えると相場の見誤り(たまたま高く売れた事例をしてそれを普通と勘違いする)によって、何か月も売れない状況を作りだすことに。根拠を示さず、値段を上げるだけを提示する場合だけはいただけない。そのような担当は殆どいませんでしたが、いないこともなく。ただ、本当に実力あり、売却できる不動産会社や担当はいます。ここの見極めは難しく。そもそも、不動産売買なんて、多くを経験しません。判断できないことも当たり前かと。後は、不動産会社と担当の実力をして、それに頼ることなるのかなと

B)値段が高いことを提示してくれない不動産会社や担当
⇒ダイレクトメールで、そこの地域の物件を探していますというのは、人気あるような地域なら珍しいものでもありません。そこには、いくらくらいで売れるという話から始まって、実際の売買実績が提示されている。ただ、不動産売買は水物である一面は否定できないかと。たまたま時勢に乗って、高く売れていた時期があったとしても、その後不動産売買が低迷して、売買成立が難しくなってきた場合、それをちゃんと提示して売れない価格になってしまったとき、それを売り主にちゃんと説明してくれるかどうか。申し訳ありません!今の不動産市況では、難しくなってきました!。他の同様の物件がXXXX万円、坪単価XXX万円で出始めており、早急に売りたい場合は、値段の下げもご検討のほどお願いします!くらい言って欲しいですね。売れずに残って放っておこうが、売買が成立しなければ、売り主にかかる費用はありません。ただ、そんなに放置していたら、瑕疵物件とでも思われそうで怖い。1年以内ならともかく、何年も放置は、何か原因でもあるんだろう?と思われてらデメリットしかありませんしね。

C)欲しい情報を提示してくれない不動産会社や担当
⇒何せ売り主側は、初めてなことも多く。それ何?そういう情報も大事なんだ?といったことを最初から提示してくれると嬉しい。とはいえ、売り主側は知らないので、それに気が付かない。売値と手数料くらいしか意識しない場合が多そうですが、売るための仕組み等いろいろと把握していれば、将来2軒目の売買がないとも言えず、教えてもらえるならうれしい。最低限のこと、言葉巧みにメリットしか言わない不動産会社や担当は、ちょっと困るかな。売れればいいという結論でしかないのですが、それは売れればこそ。売れないなら、売れるための仕組みをして、売り主側から提案するもよし。特に値段は売買成立に一番影響を与えます。地域の相場の値動きにしても、条件の変わったこと(例えば地域で同様な物件が多々売りにだされているとか)を教えて欲しいところ。まぁ、結局は不動産会社の、そして担当のやる気の問題だけのような気がします。


つらつら書いてきて、そして私の物件は売れ残っているわけで(爆笑
早急に売れる必要がないどころか、売れ残ったらそこに引っ越して今の住んでいる物件側を売却してしまうでもいいかなと思っている私の場合、こういう不動産売買の体験をやっていること自体が面白くなりつつ。普段、不動産会社との接点なんてありませんからね。半ばモデルルーム巡りが趣味になりつつあるところが微妙な自分ですが。

面白い。
でも、売れればもっと面白いと思うところです。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

利に敏い。マンション売買をして思うこと

不動産会社にお願いして広告を打ってもらったり、ネット上に公開してもらったり、それで全てが済むと思うのは、経験不足からくる知識不足か、または適当すぎる結果なのか。
まぁ、両方ですね。

新しいマンションや戸建てを購入する場合、今まで住んでいた保有している住宅を売却して、その資金を頭金にすることは少なくありません。なので、欲しい物件はあれど、売れないと買えない!そんなジレンマも。

今回売却をお願いした不動産や、お願いしようとした不動産や、いろんな売り方や市場の話を聞くに思ったことを箇条書き。

1)対象の物件がいくらで売れますから、どうですか!にほいほい乗らないがいい
2)検索でヒットする物件には、売れ残りであるものもあることを考えたほうがいい
3)坪単価も重要だが、絶対額というものも大きく重要視したほうがいい
4)タイミング、これ大事。数か月前までは売れ行きよかったのに!という場合すらある
5)担当の意気込みがあり、また不動産会社としての売買実績は、それなりに重要視したい
6)同じようなことを聞くことになっても、複数社の不動産会社の担当に会い、話は聞いた方がいい
7)売却をどこまで急ぎたいか、そこは十分に考えるべきで、その資金と次へのつながりは吟味が必要な場合が多そう


その物件の売却価格が5000万円くらいだとします。
そして購入した額も同じくらい。
自分が欲しい物件が別に出てきたとき、今保有の5000万円の物件を売却して、次の物件の頭金にしたい。

時間は、いろいろと味方をします。
次の物件の申し込みまでの猶予期間という縛りがあるなら、現物件を少々値引いても売却が必要となります。
逆に、その物件を売却しなくとも、資金計画が問題ないのなら、希望価格で売却することもできようというものです。


この記事は、私の感想のようなものではありますが、なかなか経験できない話でもあり、面白いと思う反面、失敗したことも多々あり。


一番重要とするものがあるなら3)かなと。
坪単価というものは、結構気にされる方もいます。
そして、絶対額というものは、坪単価以上に影響が大きい。
坪単価が安いが100坪をして、非常に大きな額になる!
それじゃ買えませんからね。

実際の売買実績をして、都度調整も状況によっては必要かな。
とはいえ、売れるを幸いと、額を下げ過ぎるのもどうかと思うところ。


圧倒的な経験不足と知識不足だと思っています。
今回は失敗だったかなと思ってもいます。
そして、数年後に今のタワーも売却して、どこかに引っ越しをしていそうにも思います。
だから、今回の失敗を糧に、次回は失敗しないようにしたいですね。

不動産は、面白い反面、額が大きいだけにいろいろと経験する機会は少なく。

株や投資信託といったものとは大きく違うということを経験して面白かった。
いや、まだ売れてないので、過去形にしてはいけませんやね(笑

最後になります。
不動産売買サイトに登録したら、その日のうちから複数の不動産会社から電話やメールが。
そして、都合のよい土日などでいいので、実際に会って話をしたいというのも数件。
利に敏いというか、売れそうな物件に対するアンテナの高さにはびっくり。
そして、いけそうという判断も早いし、知識もあり、こちらも勉強に。面白いですね。お互い本気であればあるほど。


※売れ残ったら、そのマンションに戻って、今のタワーを売却すればいいやという。そっちの方が面白そうと思っています


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

マンション売却交渉が面白い

現在、専任契約しているので、他社との交渉はできません。ポストに別の不動産の売買や賃貸のチラシや手紙が入っていても条件がよくとも交渉できるものでもありませんが、話は聞くことができます。

今回もそうだったのですが、えぇ~150万円も高く欲してい人がいるんかい・・・。
ちょっと面白そうだったので、話をしてみました。

やっぱり利便性がよく発展しつつある地域に対する魅力はそこそこあるらしく、私の家の場合でも購入時よりちょこっと高くなるようなことも珍しくもないとのこと。
私の考えとしては、別にマンションで利益を求める必要性を考えたことがなく、プラスマイナス0なら御の字。月々10万円程度で住めると思えば、売却値段が1年後で-120万円、2年後でー240万円くらいなら妥当と思っています。


前の記事でも書きましたが、新しいタワーマンションより、今住んでいる分譲マンションの方が私としては住みやすい。
どうせ社会人なんて長くても10年。50代になってまで仕事をしたくないと思うなら、数年でリタイア・・・。
なら、保有していても面白いのかもしれませんなぁ・・・。
タワー?、そんなもの売却してしまえばよかろう(笑


マンションだろうが戸建てだろうが、自分が購入したときと同じ程度で売却できるのなら、それは面白いですよね。
手数料を差し引いて同額なら、その住んだ時期、管理費や修繕積立金を除けば家賃0円で住んでいたことと同義になりますからね。管理費や修繕積立金だって、たかだか2~3万円ですから。微々たるものです。


リタイアを考えたとき、自分はどこに住みたいのか?
まだまだサラリーマンしていますから、妄想でしかありませんが、考えていると面白いですよね。
まぁ、利便性を追い求めることと、自分が知っている地域を考えるなら、東京の多摩か、埼玉や千葉の東京よりかな。群馬、栃木、茨城は考えていません。神奈川は、接点がすくなく地域としてよく知らないので、パスかな。23区はあまり考えていません。新宿駅~東京駅の間はよくお散歩するので、知ってはいるのですが・・・。そんな高いところ買える訳がありませんため。


家は、一生の買い物ということもあります。額も小さくもありませんから、何回もころころ売買できるものでもありません。
ですが、どうせなら楽しみながら、家の購入は考えてみたいものです。
賃貸の方が気楽ですので、持ち家には思い入れがなければ買わない方がいいと思っていますけどね。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

マンション売却計画(その3)

何が大変だったかといえば、自宅の大掃除(爆笑

水回りから始まって、部屋の片づけ、お掃除・・・。
もうね・・・。

仕事三昧の社畜の私の場合、平日は寝る以外でほとんどいません。
まして3LDKに一人暮らしです。煙草なんて吸いません。
使っている部屋はリビングだけで、残りの3部屋は倉庫(笑

なんて、もったいない使い方をしているんだ!という、そんな状況です。

ですが、問題は倉庫にしている3部屋。1年以上前に引っ越ししたダンボールが、そのまま置かれています。
これじゃ、部屋をよくみれないじゃないか!ということで、ちょっと荷物を取り出したダンボールを1つに統合したり、使っていなかった押入れにダンボールを隠すが如く、しまったりともうね^^;;

途中から泣きが入るくらい。

業者が見に来るまでに残り1~2割を残すまできれいにできましたが・・・。
一番重要なリビングが一番掃除ができていなかったのは、非常に残念。といっても、TV裏の埃とかですから、まぁ・・・。

幸いにも業者には、綺麗であり、全然問題ないですよと言われ、ちょっと一安心。
こんなにもこのマンションの部屋を掃除をしたのは、年末の大掃除以来です。まぁ、部屋のよく見えないようなところが埃だらけで、それが大変。やっぱり、掃除はこまめにやるべきだと反省!


ここから本題。
売却の値段設定と必要書類に捺印をしたのが、今日の作業。始まったばかりという感じですね。
売れればいいと思いつつ、このマンションのがタワーより利便性がいいこともあって、ちょっと売れたら売れたで残念に思ってしまうかもしれません。

部屋の大掃除が終わって、それなりに綺麗になった我が家ですが、人がくるかもしれないと思えば、常に綺麗に、いや更に綺麗にしないと・・・ということになりそう。

売れるにしても売れないにしても、部屋を綺麗な状況にしていおくことが、結構大変だろうな~っと、まるで人ごとのような感想をば。

うむ、家は賃貸に限る!(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

マンション売却計画(その2)

数日前、地域でかなり大き目の不動産会社からも購入したいとのチラシが入っていて、へ~っと。
そんなに人気があるようにも思えないけれども、まぁ、売ろうと思っている私からすれば追い風ではありますね。
暇つぶしじゃないけれど、そのチラシを持って、週末にヒアリングと、、、って用事があるから、むつかしいかも。

さて、見積もりの依頼を出している以上、少しは部屋の片付けや掃除をば。
不要なものは捨てるなりあげるなりして、結構自宅にある物が減ってきています。
いやぁ、思いのほか我が家は広かった(苦笑

3LDKの部屋のうち、リビングしか利用していません。残り3部屋といえば物置き状態。
そのうち、本当にゴミとか、不要なものとかを整理しましたところ、1部屋の荷物がほぼなくなり、また残りの部屋も目途がつくくらいにおは綺麗に。もっと、まめに掃除なり片付けをしろって突っ込みがありそうですが、、、

来週も掃除をして、ここ1年でほとんど使わなかったものなどを始末しようと思っています。
今どきのマンションの場合、365日いつでもゴミを捨てれますからね。不要なものをちょうどいい機会なので、全部すててしまおう。


マンション売却の道としては、なんかみみっちいことしかしていませんが、これも重要なことの1つということで。
へぇ、綺麗ですね!と、見積もりの人に言われる程度には、掃除や片付けに励んでみようと思っています。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング