「治る見込みのない患者に胃ろうは必要?」、難しい問題ではあるけれども、

●キャリコネニュースより
「「治る見込みのない患者に胃ろうは必要?」――医師の意見割れる、「死んでもいい人を選別できない」という声も」

簡単な話ではありません。
ただ、自分に対して必要か?と問われれば、要らぬ!と。

治る見込みがあるなら、お願いします!となると思います。
末期な状況や、二度と回復しない状況になって、ずっとそんな状況を良しとするか、しないか。


ちょっと違いますが、安楽死も必要だと思っています。
ちゃんと法整備してほしいと。


選別できないと言うけれども、そういう状況ならどうするか、最初から決めておけばいいと。
そう、本人が、どうしたいか。
元気なころに決めた上で、明確にしておけば、選択するもしないもなかろうと思う。
ただ、かかる費用や家族の負担等も一緒に考えてほしいところ。


何回も身内の死を見ていると、いろいろ考えますね。交通事故や病死、老衰など。
人はどういう状況をして、人とみなすべきか。
そういう議論もあってよいと思う。


ただ寝たきりで、治らない、、、
さてどうする?



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「“AIコピーライター”、電通が開発 広告コピーを自動生成」、ですか、棲み分けできるかな

●ITMedia NEWS より
「“AIコピーライター”、電通が開発 広告コピーを自動生成」
「日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」」

おおよその雛形を自動化するといったことは、人とAIの棲み分けと考えると面白い。
定型のフォーマットに従った決算等を記事にある程度自動化、そして最後に人がチェックや編集したりと。
現状は、このようなことが続いて、人の生産性を上げる1つの技術として発展していくのかなと。

ただ、膨大なデータの解析を元に、このような場合は、このような記事。あのような場合は、あのような記事といった感じで、人と比べても遜色ないことができるようになるのは、それが実際にいつになるかはわからないけれども、普通のあり得る話。

逆に、人が関わらない部分でできてくる文章に違和感なく、普通に読める時代がきたなら、単純な翻訳とか、定型フォーマットの文書などを作成する作業は、人を介さないことが主流になるかと。


極論いうなら、Google翻訳先生に英文を食べさせて出てくる日本語にどこまで違和感があるのか?
定型の決算報告書を食べさせて出てくる記事にどこまで違和感があるのか?

もう、すぐ後ろまできているのかもしれません。

※どこまでの精度を求めるかで、いろいろと違うかと。別に小説の翻訳をして、直訳じゃなく流れを意識した文章ともなると、そこそこ難しいかもしれないと思うけれども。英語の取扱説明書や要約された内容の翻訳が、それなりにわかるのなら、そこで十分なのかもしれません。AIが関わる文章作成は、拡大することはあっても縮小することはなかろうと思うところ。
※どうせなら、面白い小説をAIが書いてくれるとなぁ、、、、まぁ、ありきたりのものになっちゃいそうではありますが、将来発展すれば、、、


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

高齢者の入居に拒否感、空き家問題などなど

ようするに、疲れをとると称して、家でgdgdしているから。
暇なんです(爆笑

さて、掲題の件。

●NHK NEWS WEBより
「高齢者の入居に拒否感 大家の60%余に 徐々に増加」
「全国820万戸 空き家対策の課題は」

上の高齢者の入居に対する問題。そらリンク記事にあるように問題があることを忌避する大家に文句言うのは筋違いでしょう。貸したくないから貸さない、その自由は大家にあるはずです。物件は大家のものですから。
ですが、下の空き家問題にあるよう家は空いていきます。上手く行政と連携するなどして、空き家を有意義に利用できる仕組みが構築できるのなら、それで十分ではなかろうかと。


ただ、空き家で非常に安価で購入できそうなくらいなら、いっそ購入してしまうのも手かもしれません。
いやいや、購入なんて論外というのなら、購入できる資金は持ちつつ賃貸を継続するというのが正解か。
どちらにしても、契約更新しないという話になったとき、金銭面で問題にならないよう、いろいろ考えておきたいところ。


地方の空き家、非常に安価で購入でき、そこそこの利便性があるのなら、、、
そこを終の棲家でもいいのでは?と


そういえば、リンク記事にある相続の問題。
どれだけ登記を放置していたのさ?(笑
法にて、登記を必須とする旨を徹底し、空き家状況で放置された土地や建物は苦に没収でいいので?
そんな田舎の大した額にもならずに放置されている、それでいて崩壊の危機があるのなら、没収でもよいのでは?
上記は、ただの思い付きで書いています。問題になりそうなデメリットも提示できていません。
むしろ、国が変わりに空き家撤去や整地などを行うなら、持ち出しもあり得て、、、
相続税が発生しないような相続はいい加減なのかもしれません。

空き家対策は、国や行政が持ち出しになったとしても、上記の思い付きで書いたような没収の上で更地にして、国や地域が管理する方向に主体をもっていかないと、いろいろと問題になりそうです。

空き家問題、どうするべきなんですかね?
※負債を国や行政に押し付けるのは、その押し付ける側が資産がない場合だけに限定すれば、なんとかなる?無理かな??


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

少子高齢で何が悪い?平等が推進され、国民がそれを是としたんだろうに

●総務省統計局 より
「第2章 人口・世帯」
※2-10 家族類型別一般世帯数にExcelシートで平成12年、17、22、27年の世帯数があります。
※3 総人口推移に人口の推移があります(未来分もありますね)

●ガベージニュース より
「世帯平均人数は2.49人…平均世帯人員と世帯数推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)」
※リンク記事内の平均世帯人員と世帯数推移は面白い。世帯数は増え、1世帯当たりの人は減っていることがわかります。

●GD Freak さんより
「日本の人口と世帯 《世帯数推移(住民基本台帳ベース)》」
※リンク記事では日本全体ですが、右に関連グラフの表示として、各都道府県があります。都道府県別の傾向が見れて面白い。


家という概念が薄くなって久しい。
その先祖代々の土地を守ると思っている人は、また、その土地を守るために長男に大半を継がせるという考えはもう無きに等しいのではないか?。法の平等の下では、長男に全財産、長女や次男には継がせる財産はない!、そんなことを言ったら裁判になります。そう、それでいいと、全員が納得しない限り。

旧家や資産家でもない一般家庭なら、親や自分の世代が都市部に出てしまったなら、地方の田舎も興味なければ、祖父母が残した土地や建物なんて負債でしかない。1円でも資産価値があり、また田舎自体に興味なく、身内も含めて手放すことに後悔の欠片もないのなら、二束三文でもいい、売却してしまえばいいと思う。
同様な問題の1つにお墓もある。檀家として、まだお金を支払っているうちはいい。引っ越しなどをしてお寺さんに連絡が付かなく、また支払いも滞るなら、無縁仏で、そして墓じまいだ。何百年だろうが、1000年以上だろうが、その家は、そこで終わり。そして何も残らず。


仕事がないと首都圏で働いている層はまだいい。都市部で過去のしがらみから残り、そして細々と家を継ぎ、土地を守る必要を迫られた人は悲惨だ。長男だから、本家なんだから、そういう過去のしがらみを消せるほど、個に対する話も進んでいない地域は存在する。だけれども、仕事もなく、家を守るという意識もなく、そんな世の中が戦後続いて数十年。もう、無理だし、限界と思う。


で、各種リンク記事にあるように、個々が優先され仕事がある首都圏に出てくれば、老年に達したお金のない両親や祖父母が負債が如く残っている。家の概念が薄まっている現在なら、親を看る、祖父母を看るなんて、本当に余裕がある世帯しか無理になりつつあると思う。都市部ですでに家を持ち、生計を立てているなら田舎に戻るという選択肢がどこまで現実的か?


子供が欲しい、欲しくないは、夫婦が考えること。そこに、子供はあまり好きじゃないという意見があれば、子供など作らない。
配偶者なんて面倒。ちょっと異性と遊ぶくらいでいい。結婚なんて論外であり、したくもない。一人は楽だ、誰にも迷惑をかけていないだろう、親は親、祖父母は祖父母、各自自分で責任を持つべきとか、、、
もう、人口減になること待ったなし、いや、もうすでになってます。

生産人口が減り、社会福祉の額の増大が国の運営を圧迫するから、対策が必要だ!というのなら、
そもそも老人たちに偏っている支援を削り、子供に対する支援を厚くして、子供を育てやすい環境を作らなくてどうする?
少子高齢を問題視するくらいなら、それくらいは必要ではないのか?

今の状況に甘んじて、選挙にくる老人たちには厚く、選挙にこない若年層には薄くをして、選挙にこない人が悪いと言うのは簡単だ。では、この状況をして少子高齢化が進み、現役世代の負担が増え老人たちにだけお金がわたり、日本全体が特に現役世代が貧困に陥ったとしても自業自得では?
そして、そういう状況をして全体が貧困に陥ったとして、それを是とする国民ばかりなら、何の問題になるのか?


もうそういう流れを止めることができないのなら、各自でお金の面で自衛するだけでは?
あれも嫌だ、これも嫌だとか、幼児じゃないんだから。

生活保護にしても、老人たちに対する福祉にしても見直す時期を逸していると思うだけに。

若い時分に貯めたり運用したり、そして資産形成ができず、今貧困だとして自業自得。その少ない老後資金の中で生活するしかなかろうに。


なぜ、何もしてこず、今貧困だからとその人を助ける必要があるのですか?
日本全体が貧困に陥らない政策を立てずに、少子高齢だけをして問題とするのはなぜですか?
これだけ投資の環境が整いつつあるのに、何もしてこない人を助ける理由はどこにあるんですか?

やれることを何1つしてこなくて貧困。自業自得でしょう?
※努力をしてこず、今貧困だからといって助けることが、ありえないと思っています。ただ、法の下、それを助ける仕組み。それ、日本立ち行くのですか?


※旅行疲れで、毒々しい毒吐いてます(苦笑。
※今日は家でくつろいで、明日からまた外出してきます。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

危険なところに自ら向かう。問題あっても自己責任(自業自得)だよね?

●産経新聞より
「半島情勢緊迫の中でも「韓国人気」衰えず…関空で出国ラッシュ始まる」

●京都新聞より
「ミサイル文書配布「子どもに不安」 滋賀、教組が知事らに抗議文」

すきにして。
その代わりに国のせいとかしないでおくれ。

そして教職員組合は、腐ってやがる。
実際に起こり得るリスクをして、その注意喚起に噛みついてどうするんだ?

例として妥当か分かりませんが、地震や津波、火山噴火等、あぶない場合に注意喚起するのと何が違う?
実際に事が発生すれば、その発生した事象に噛みつくのだろう。
あいつら、がん細胞だな。


平和ボケしているんだよなぁ・・・。
自己責任(自業自得)と割り切れなく、すぐに人のせいにする人がいますからねぇ。。。

※自業自得⇒自己責任(自業自得)に変更しました。自業自得という表現だとちょっと違った。自己責任の話ですやね。まちがえた^^;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング