「2035年には高齢者の3割が貧困・・・」、まぁ当たり前でしょうね

●キャリコネニュースより
「平均寿命より長生きすると「困窮世帯」に? 2035年には高齢者の3割が貧困、という政策レポート」

●総務省:図2 貯蓄現在高階級別世帯分布(二人以上の世帯)-2016年-
「家 計 調 査 報 告(貯蓄・負債編)」

総務省の記事、貯蓄現在高階級別世帯分布を見れば、貯蓄が殆ど無い世帯が多いことは一目瞭然。
そうなら、今預貯金がない世帯が、そのまま年を経れば、貧困になるのも頷けるというもの。


キャリコネニュースの記事の(図表4)生年別にみた非正規雇用率の推移(男性)が、興味深い。

団塊世代~平成生まれの全てにおいて、20代半ば~アラフィフくらい、概ね10%くらいが非正規みたいですね。
団塊ジュニアの今40代半ばくらいは、若干非正規率が高い。
そして、平成生まれ。今アラサー以下の彼ら彼女らが、アラフォーやアラフィフになったなら、たぶん、他の世代より+10%くらい非正規は高くなりそうだ。アラフォーの団塊ジュニアの世代も就職氷河期と言われていましたが、今の平成生まれはそれ以上か。
いや、+10%なんて生ぬるい話ではなく+20%とか、そういうのもありそう。とはいえ、未成年を含む集計だと、大学生たちの就職は含みませんからね。中卒や高卒だけの集計とは違う結果になりそうだ。


以下、リンク記事からの引用(赤文字分)です。

「18年後の2035年には、高齢者世帯の約3割にあたる562万世帯で収入が生活保護の水準を下回り、貯金も不足する恐れがあるという」

「562万世帯のうち394万世帯は収入が生活保護の水準未満で、貯金が600万円に満たない「生活困窮高齢者世帯」。生活に足りない分を貯金でやりくりしているうちに残高が不足し、困窮する可能性が高い」


「若いときに老後に必要な資金を蓄えられない人が増えている」とありますが、う~ん・・・。
「特に1950年代~1960年代生まれの世代では、老後の準備がままならなかった人が多いとする」、う~ん・・・・・・


非正規の人が貯められないのは分かるとしても、正規が貯められないのは、どういう説明になるんだろうか?

お金がないから働くしかないのは当たり前だけれども、、、
お金がないためだけに嫌だけれども働くのは、不幸ですよね。
そんな老年に達したとき、働かなくても大丈夫という選択肢を取れるよう、それなりの資産は作っておきたいものだと。

投資信託カテゴリのブログ村の記事を読まれている大半の方々は、それなりの資産がある可能性が高いと思いますが、、、
では、自分たちの周りを見てみて、、、投資どころか、預貯金ない人も多く。
年取って、お金がなくなれば、生活保護でも受ければいいやと思っている人もいるらしいですが、今の社会保障が現状のまま維持できる保証なんてどこにもないんですよね。財源が苦しくなるのは、間違いないですし。


結論という訳でもないのですが、、、
長生きが持てはやされて、家族から祝福される、、、そんなのは、昭和の時代で終わってしまった感がありますやね。
邪魔!、どいて!、家族と同居せざるを得ず、肩身が狭い状況に、、、
長生きはするものじゃないな!
となったら、それはそれで不幸極まりない感じがします。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

ドル円相場が動く動く

アメリカがちょっとでも混乱しようものなら、円高は急に進むことも。
あれ?114円じゃなかったの?
111円かい!

って感じです。
120円まで円安が進めば、最後の投資信託も売却し、あとは株主優待狙いの個別株だけ。
そこが理想で、今の終着点。

なかなか思い通りにならないのも投資だ!と思うなら、こんなことは別段驚くようなこともでなく。
100円とかなったら、驚くし、2桁になったら、いろいろと後悔しそうではあるが。

気長に持ちつつ、それでいて逃げたいと思う気持ちと。その間で相場が上下動する。
なかなか、思ったようには相場は読めないし、まして動きもしない。

NYダウも大きくさがりました。
明日は、300~500円くらい日経は下げるのではなかろうか。

あ、ここ1~2週間指している優待狙いの個別株が買えるかも。
ちょっと期待。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「世帯貯蓄、4年連続増=過去最高1820万円―16年」、平均貯蓄額が上がってもね

●時事通信社より
「世帯貯蓄、4年連続増=過去最高1820万円-16年」

人は人。自分は自分。
いくら他人が多額な貯蓄があろうが、真似する必要はなく。
自分の計画の通りにしていけばいいだけ。

まぁ、ただ、日々刹那的に生きている人は、ちょっと自分の位置づけを振り返ってみるための1つの指標として思うのも。

ま、そんなに多いのか?と思うか、それっぽっち!と思うかすら人それぞれ。

このごろ、この手の記事が増えましたかね?
それとも、気になっているだけなのかな?




~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「奨学金の返済計算もできない者が大学へ行く事自体間違っている」、確かにね

●日本学生支援機構 より
「返還期間(回数)」
「大学 ・ 返還例」

3,400,001円以上の場合、20年で返済することになります。
大学4年、大学院なら6年。
まるまる、そして最大まで借りると、概ね1000万円くらいでしょうか。


さて、掲題の件です。
奨学金の記事のコメントの1つにあったものです。
私は、そうだろうなと思うところもありますが、、、それよりも、、、

1000万円を20年。
1年で50万円で、月々にするなら4万円ちょっと。
2種まで借りて、金利が3%近くついたとしても、月々5万円の返済です。

そうですね、手取り15万円、ボーナス時に20~30万円くらいあるなら、、、
余裕かな~っと。
まぁ、その分貯まりませんが、だとしたって、それは自分で借りたお金だしね。
仕方ないでしょう。


リンク記事のあるように、どれくらい借りてどれくらいの返済額になるか、借りる前から簡単に調べることができます。昔、私の時代、借りる額は提示されても、あまり返済について説明を受けた記憶はありません。今ももしかしたらそうなのかもしれません。ただ、総額がいくらというのは、計算した記憶があるのと、社会人1年目に年間どれくらいの返済額になるかハガキで来ていたような気がします。さすがに20年以上前で詳細は忘れてしまいまいしたが。


ただ、そのハガキを受け取って思ったのは、大した額でもないかなと。年間10数万円。月1万円ちょっとか。そんな感想くらいしか思わなかったかな。まして、2年目の終わりには全額返済できる資金もありましたし。200数十万円なんてそんなもの。


話は大いに脱線しますが、、、
奨学金の返済に苦労する人は、間違いなく奨学金がなくたって資産ができない人かなと。
というのも、奨学金の返済額なんて、私のような月1万数千円程度の場合もあれば、最大の月4~5万円だとしても、、、それくらい資産形成に勤しんで積み立てている人はいますからね。別段珍しいというほどでもなく。

そう思うなら、なぜに奨学金の支払いに困るのか?と。
そう、もともと貯められない人だからさ、、、

それならしっくりくる話ではあります。
※200数十万円くらいなら一種の無利子の話。ただで借りているようなものでもあります。




~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「老後に「お金で苦しむ人、苦しまない人」の差 現役時の特徴は?」を読んで

●ZUU Onlineより
「老後に「お金で苦しむ人、苦しまない人」の差 現役時の特徴は?」

特に奇抜なことが書かれている訳でもないのですが、1つだけ・・・

(7)親に資産がある

これには、ぷぷっと笑ってしまいました。

確かに親が何十億円も持っているとか、そして相続すれば1億円はもらえそうとかあれば、た、たしかにお金に困らないかもね。
生前贈与とかもあるかも。


身の丈にあった生活ができれば苦労しないぜ!と、どこからか呟きが聞こえてきそうですが^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング