50代からの初めての投資、、、投資?

初めて50代から投資を始めるとするなら、残りの社会人人生とその額を考えるに、投資をするより、現状のままでどのような生活をしたいかまずは考えることをお勧めするかな。

50代というとどうでしょう。。。
今どきは晩婚なこともあるので、子供が独立しているとは限りませんで、まだまだ養育費や学費がかかる家庭もあるかと。
ともすれば、貯蓄も多くなく、日々ぎりぎりな人もいるかもしれません。

投資はある程度余剰資金で行うべきで、ぎりぎりの生活費を削ってまで投資をするなんてナンセンスです。
ですので、まずは家計を見直しを図って、貯めやすい体質を作ることを心掛けたい。
何せ、心掛けるだけなら、1円もかかりませんし、損すらありえません。
消費額が高いところから10%でもいいので削減していけばいい。
お小遣いが数万円とか、食費が数万円とか、遊行費が数万円とか、、、その10%を削るだけで数万円くらい捻出できるかも。
そういうことを繰り替えしていけば、徐々に貯まる体質になっていくのかなと。

間違っても、よくわからない投資なんかに手をだすべきじゃないと。
例え手を出すにしても、非常に少額から始めたほうがいいと思います。
何せ、多額の投資をして大きな損失でも出ようなら、後が続きませんからね。
自己破産ということになることはなかろうとは思いますが。


人の言うことを鵜呑みにしてそのまま投資をすることなく、自分で行う投資情報や仕組みを学んで、そして少額から始める。
そんな面倒なことしたくない!とか言う人なら、投資なんてしない方がいいよ~止めた方がいいのに~
とかいいそうだ。


50代をして、養育費にしても生活費にしても、そして老後の費用にしても、それは虎の子の資金であり、無くなっては困る資金でもあります。それが投資によって、大きな損失を出したら問題となることがないか、どれくらいの目減りなら大丈夫か、検討の上、そして、投資先をそれなりに理解してから投資はした方がいい。今どきは、大きな本屋に行くまでもなくAmazonでさくっと購入できますから。何を買ったらいいかわからないとするなら、2~3冊、買ってみるがいいかと。5000円くらいでしょう(古本屋なら格安で買えるかも)。投資の準備としては、そんなに高くもありません。アマゾンの評価などをみつつ、、、


50代で初めて投資をするということ、今のこのご時世で勧める?という思いかな。
数年前なら、許される限りの上限まで突っ込んでみると面白いかも?と言えたかもしれませんが。
今は、ちょっとタイミングが悪いと思います。

やるにしても、やらないにしても、自身が理解してそして大きな損失があっても許される額で始めるのがよかろうと思います。
儲けになりませんが、大きな損にもなりません。
今は、雌伏の時かなと思うだけに。

※ま、私は今の市場が膨らみ切った風船と同様と思っています。その予想が外れるといいなと思ってはいますが。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

経済の成長限界、、、個人投資家にしてもFPにしても、どう考えているのか興味あり

1つ前の記事に通りすがりさんからコメントをいただきました。
そのコメントにある成長限界

1つの企業が起業し、そして徐々に成長する。
その成長はある程度の規模までは右肩上がり。
何年も何十年も成長するも、市場の展開が望めなくなり、成長もひと段落つく。

そのような成長する企業は、毎年何社もにょきにょきと。
だから、世界の状況を見るなら、右肩上がりは問題ない。

または、自国の市場では広げる余地がないけれども、他国、他の先進国だったり、途上国だったり、まだまだ売る先はある。
だから、多くを作ったりサービスをすることで、企業は成長し続けることができる。

企業の成長が止まり、利益も出さずに低迷したその先にある倒産。
倒産した企業からは、まるで倒れた木のあった場所からの木漏れ日から、新たなる芽が出て、そして成長していく。
そんな企業モデル、あるんですかね?


成長限界。

面白いと思います。
ただ、成長限界のどの位置にあるのか?それが分かれば苦労しない。
成長限界という概念の元、そういうこともある可能性があるということを頭の片隅でもあると、それが一番いいような気がする。
何かのストッパーになるべく自己判断の助けになるかもやしれず、と思うから。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

本当に経済は右肩上がりという考えは正しいのか?

まぁ、戯言の類なので、本当かどうかなんて知りません。
ただ、信じる者は救われる!ということなのかもしれません。ま、根拠なく盲信していると楽ですから。

●BaseViewsより
「本平均株価 超長期月足チャート」

本チャートは、1949年から開始なので、戦後まもなくからのチャートになります。
このチャートを見て思うは、バブルまで、緩やかな右肩上がり。多少の上下はあれど1989年の約40年間、ずっと右肩上がりだったことをが分かります。で、バブルで崩壊。

日本の政治家が無能、また経済界もダメダメで、本来ならもっと早く解決もあり得たかもしれませんが、失われた20年と言われるよう、低迷続きではあります。デフレ解消なんて実現可能なのかな?と思われるくらい。

もし、非常に強力な政治家や官僚が大鉈を振るって改革なり切捨てなどができたのなら、バブル時は無理としても、相応の株価になっていたかもしれません。もし、そのような状況になっていたのなら、たまたま上がり過ぎてバブルがはじけた。でも、ほら、数年もすれば復活したでしょう?日本は安泰だ。日本株だけ買っていれば問題になりえないぞ!という話になっていたかもしれません。

次に世界の株式に広く分散投資されているVTを見てみます。

●Vanguard より
「バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF」

可哀想なことに、すぐにリーマンショックになり、大きく半減するような残念な状況になりました。
ただ、そこから数年(約4.5年でしたっけ?)もすると、株価は元に戻り、そして上昇していきました。
日本とは違うのだよ、日本とは!と、アメリカの政治家も官僚も言いそうですが、事実それを否定できない。株価がそれを示しています。

とはいえ、世界の株式に分散投資されたと言われるVTですが、構成比率のうちアメリカは、一位で53.3%もあります。時期によっては多少前後するにしても約半分はアメリカの株式ということです。グローバルリートとかもそうですね。グローバルと言いつつ、その大半はアメリカのリートだったりします。

日本株だって、日本の土地だって、戦後何十年も上昇してきていたという実績があります。
たまたま、政策によってバブルとなり、はじけた。それだけ。そして回復できない政治家や官僚の元、今の状況があるだけ。


アメリカの政治家や官僚が間違わないという理由はどこから来るんでしょうかね?
悲観論と言われようが、その根拠たるものが微妙な気がするんですが。
過去の実績は未来の実績を保証することはないというのは、常識だと思います。

長期投資を試み、そしてアメリカが失敗した。長期の低迷が続き、日本のようにそれが20年やそれ以上となる。
なぜ、ないと言い切れるのが分かりません。

これって、ただの希望的観測でしかないような。。。

結局、儲けられるときに儲け、早めに目的を達成し、撤収するということを推奨しない理由が不明。

金融機関の都合のよい仕組みという手のひらで踊らされていると思うのは、私だけじゃないような気がする。

ま、戯言です。聞き流せる度量を期待します(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

SL、税制面から微妙に感じるからこそ、少額からやってみようかな?と思う

20万円を超えると確定申告が必要となることより、ちょっと面倒かなと思っているSLことソーシャルレンディング。

利回りを見ていると、5%以上すらあるので、面白そうとは思う。
ちょっと逆算してみる。

投入資産×5%×(1-0.20315(税)) < 20万円

約500万円までいけそうですね!
そこまでなら、確定申告も必要なし!

確か楽天証券に2千万円以上のキャッシュがあったはず。
500万円振り込んでくるかな?^^

どこが少額じゃ!
5%だと、500万円投入し、約25万円の利益が出て約20%の税を抜いて、20万円。
10%なら、250万円投入し、約25万円の利益が出て約20%の税を抜いて、20万円。
2.5%だと、1000万円投入し、約25万円の利益が出て約20%の税を抜いて、20万円。
どれも同じや。

デフォルトのリスクと、そして税制面の問題をクリアするなら、SLは面白そうなんですけどね。

そのうち、楽天SLとかできませんかね?
楽天という企業は大嫌いですが、今となっては楽天証券の一元管理から抜けるのも面倒で。
それなら!という。
SBISLはあるのにねぇ・・・という感じです。




~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

超駄文!酔って文章を書くべきではないという見本である、にやり 笑

最初に言っておきますが、、、
「投資は、放っておいて適当にやって大きな資産ができるほど簡単でもない」
という考えです。

ほったらかしたり、ずぼらだったりして、十分にできると言う人とは、意見の相違があります。たぶん、ここは埋まらない溝なので、上の赤字で書いたことが、そんなことないと思う人は、これ以降読まれても意味がありません。
ブラウザバックをお勧めします。


逆にどのような方々ならほったらかしたり、ずぼらになって投資ができるかを考えてみたいと思います。
以下は、私の感想です。そもそも人それぞれの諸事情もありますから、一概に言えないと思いますが、それでもそうだろうなと思うことを。

さて、この話をする前に1つ前置きを書きたいと思います。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETFこと、VT。
さすがに知らない人は少ないかと思いますが、低コストかつ米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場に広く分散投資をしているETFです。2008年6月が設定日で、そのすぐあとにリーマンショックがあり、2009年2月には30ドルを割っています(安値26.3ドル)。2008年6月の時点が50ドルですから、4割から半分くらい下がったこともあったということです。
まずは、この前提を頭の片隅において欲しい。

さて、はじまりはじまり。

1)金融商品へ投入している資産額が低い。
⇒ 普通のサラリーマンをして、数年もリカバリできる額なら、気にもならないでしょうよ。逆に言うなら、多くの資産がないのなら、その暴落をして、ちょっと頑張ればなんとなかなる。耐える時期を耐え、サラリーマン生活をして、原資の確保に勤しむ。それで十分ことが足りますから。

2)本当にずぼら、動じないのではなく、気にしない
⇒数千万円や1億円の資産が、その人にとってどれほど重要であろうが、なかろうが、その資産が大きく目減りしようが増えようがまったく気にしない。その資産が1億円を超えて、本当に何千万円の損失があっても狼狽えるどころか、市場すら見ない。これは勇者だ!私自身も無理なら、それができる人が本当にいるのか?ちょっと懐疑的。1)の金額が少ない人は元より除外しています。多額の資産をして、大きな含み損があろうがなかろうが、それこそ大きく利益が出ようが出まいが、本当に市場を全く見ず、そして気にもしない人がどれほどいるのか?。ないと思うのですが、どうなんでしょうか・・・。

3)過去上がってきた実績があるからと、未来を希望的に見ている
⇒あのリーマンショックでも、4年半くらい経った後、元に戻っている。ましてそれ以降は、上がるのみで今では70ドル近くまで上がっている。元が50ドルで30ドルくらいまで下がったが、70ドルまで上がったと言う過去の実例をもって、これから発生しうる暴落も問題ないと固い信念を持っている。市場は、多少の乱高下はあろうとも、間違いなく数十年オーダーの長期でみたとき、上がらない訳がないと言うことに対して、誰がなんと言おうと信念を曲げることがない!


私の場合、リーマンショックで暴落後、2009年1月の時点で2000数百万円の含み損を出しました。投入額は6000万円弱。
30数%の含み損を抱えたということです。2007年半ばの時点では、約1000万円の含み益を上げていましたからね。暴落によって、約3000万円ちょっと下落したことになります。


ここで、先に話をしたVTのことになります。VTのみで運用している人もいるくらい、株式を広く分散している本当に有名なETFです。そのVTをしても、数十%程度の暴落はあるということが前提です。長期にわたって投資を継続していくと、そう、毎月毎月積立投資をしていたりすると、その総額は非常に大きなものになっていきます。
余剰金を数千万円、そして、数十%の利回りの元、現在1億円を優に越すような資産がある。

そこで、リーマンショック級の暴落です。
さて、どうなりますかね?

1)のように資産額がリカバリーできる話なら、耐える時期を耐え!ただただ仕事に邁進するなどできるでしょう。私も大体そんな感じではありました。さすがに2000万円を超える含み損は5年近く経ってやっと回復しましたが。その含み損は、サラリーだけではリカバリーできませんでした。殆どその間は何もできることもなく、いつものように仕事に邁進していましたね。社畜!、毎月していたあの残業量を振り返ってみると、いや違うか、あの多忙さが含み損を気にしない一助になっていたような気がします。頑張って働いた。2000万円程度の含み損なぞ、仕事でリカバリーしてやる!って意気込みほどはなかったですが、結果的にそうなっていました。頑張って作った余剰金約1000万円ちょっとを下がりに下がったリートにぶち込んだのも今となっては懐かしい思い出です。

2)のような人がいるとは思いませんが、もしいたらどうなるんでしょうかね?1億円程度の資産があれば、1日で100万円動くなんて珍しくもありません。ちょっと市場が大きく動けば、数%。300~500万円が1日で動こうとも、慣れてしまってなんとも思わなくなります。大きな資産をして、上下に慣れきってしまって、また本業で相応に稼いでいる人なら、数百万円なんてどうでもいいのかもしれません。図太い神経なら、数百万円が数千万円でも動じないでしょう。本当にそんな人がいるのか?という疑問はおいておくとしても、そういう人がいないとは言い切れないのかなと。ですが、本当にいるんですか?と疑ってしまうくらいにはレアなケースなのかなと。投資に回しているけれども、損失だしてよいお金なんて1円もない!という人もいます(下がることは許容済みでも、そのお金の意味ということで)。ある意味正しいのではないかと。
放置して、どうでもいい、どうなってもいい、どうなったか気にもならない。
えっと、投資しなくてもいいのでは???と思ってしまいますね。

3)は、どうなんでしょうかね?危なすぎると思っています。
誰もが知っているとおり、過去の実績が未来の実績を保証するなんてことはありません。にもかかわらずです。コイントスして10回表が出たとして、次は表?裏?事象が2分の1で発生するなら、過去の話なんて関係ありません。表も裏も均等に2分の1で出るということです。では、投資はどうなんでしょうね?リーマンショックの暴落が5年程度でリカバリーできたとして、次に暴落したときに同じく5年程度で復活するという保証がないことは、誰もが知っています。
少し話は脱線しますが、今のような市場の場合、情報は本当に早く広がっていきます。暴落にしても急騰にしても、その広がりは早く、そして急激になる傾向があるのではないかと考えています。現在、NYダウにしても、中国の市場にしても、これでもか!という感じで上昇して、過去最大益を出していたりします。上がるが急激かつ大きく上がることは、その逆がないと言い切れる根拠がわかりません。良くも悪くも日本のバブルは、過去の教訓になるのではないかと。
上がる波に乗れずに指をくわえて眺めていることと、上がった波が勢いよく落ちたときにホッとした感じを重要視したいと、どちらに比重を置くかどうか。そこには、既にそれなりに資産ができ充分と思っていたり、リスクを避けるために利益の追求を一時的に諦めたり。各自各考えがあるかと思います。私は、儲けを逸しても、損失を出したくないという気持ちで、リーマンショックでいろいろとコリゴリだったためです。そこは、譲れない線があり、儲けを限りなく追及していきたいという人とは相容れないだけかなと。たぶん、話は平行線をして、どちらかがどちらかに靡くということもなかろうと。
ふ、いつものように脱線したかな。私は、歴史がいろいろと証明していると思っています。どんなに栄華を唱えようと、滅びるときは滅びる。市場も同様で、上がり続けることなんてありえない!。そして、過去は過去。それが未来を保証し得ない時点で、妄執するのは違うと思う次第です。


最後になります。
本気で言っているなら、天然なんでしょうよ。
知ってなお、本が売れればいいと思っているなら、ある種勝ち組なのかもしれません。

投資において間違いなく負けない方法は、投資の情報を売る事で利益を得、自身で投資をしないこと、または小さな額でしか投資をしないこと。有名になり、本がたくさん売れ、その印税や講演料で稼げるようになれば、間違いなくプラスですから。

どんないい加減で、心地よい言葉だけ綴るいい加減な情報をして、責任は?と問われれば、責任なんて取らないでしょうし、そもそも取る必要がありませんから。
誰でも知っているようなありきたりの情報をして、おいらは偉い!とふんぞり返って、大した資産もなくようやるよ!って感じですが。
その誰もが知っている情報を売るという行為によって、資産ができるのなら、その人は勝ち組になり得るのかもしれません。

労多くして益少なしって感じしかしませんが、本人たちが納得して楽しければ、そして少しでも収入の一助になるなら、それは成功なんでしょうよ。

この手の話は、無料有料関係なく、ネットでごろごろと、そして誰もが知っている話として転がっていますからね。
後は、好きにすればいいって感じではあります。


事の本質は、人の猿真似や言うことだけ聞いて、大きな損失が出たとき、後悔なく自分の中で消化しきれるかどうかだと思っています。
放っておけばいいって言われたのに数十%も資産が目減りした、言う通りずぼらにしていたのに利益にならない。
そういった状況に陥った時、後悔なく、その状況を消化し、そして納得できるなら、このずぼらにしても、ほったらかしにしても、十分意義があると思います。むしろ、大成功かと。それは、情報を発信した側も、受信した側も。


失敗した、だから、次は失敗しないようにしようと思う。
これが私の考えです。タラれば言ったところでなんの意味もありません。タラればではなく、次にどうするべきか、どうしていこうか、自身のリスク許容度を超えていないか、そういう考えの元、投資を楽しみつつ、そして利益に繋げていきたいと思うところです。

他人任せにしたり、ほったらかしにしたり、ずぼらであったりして、私は損失時に間違いなく後悔します故。
だから、私は、そのようような手段を取る事はあり得ない。
これは、意見の相違だけなのかもしれません。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング