皆が知っているiDecoの手数料。そう、手数料で赤字になる選択肢がある

●楽天証券 より
「手数料について」

●SBI証券 より
「iDeCo(個人型確定拠出年金)の諸経費」

楽天証券にしても、SBI証券にしても0円といっているので、iDecoに関する諸経費が全て無料になるように勘違いしたくなるかもしれませんが、あくまでも楽天証券にしてもSBI証券にしても、それぞれの証券会社で0円なだけであって、

・国民年金基金連合会への加入時・移換時の手数料(税込):2,777円
・加入者の方の場合 (毎月掛金を拠出している方)
 国民年金基金連合会:103円/月
 信託銀行 :64円/月
そう、合計167円が毎月かかります。あくまでも楽天証券やSBI証券が受け取る手数料が無料と言っているだけ。

なので、運用が成功しようが失敗しようが、167円を超えた利益がでないと必ず赤字になります。
私の場合23,000円、上限をiDecoに回しています。
167/23000 ⇒ 0.726%

この0.726%が曲者。
もし、あなたが定期預金だけで運用を考えていた場合、そして、掛け金が23,000円の場合、上記0.726%を上回らないと赤字が確定します。

私のように100%定期預金で運用しているとどうなるかということ。
赤字決定!。定期預金の金利が限りなく0%になって久しく。

なお、私の場合23,000円ですが、68,000円の人でも各種手数料は同じとのこと。ですので、掛け金が大きくあればあるほどその割合は低くなります。

国民年金基金連合会の加入時・移換時の手数料の2,777円も地味に痛いですね。
これは加入や移管でもしない限り発生するものではありませんが、少なくとも加入時には間違いなくかかる費用です。
年を経れば、薄まるといっても地味にコストがかかるというものです。


なお、定期預金100%で運用しても、信託銀行への64円はかかります。納得できないかもしれませんが、そういう仕組みとあきらめるしかないでしょうな。私はあきらめました^^;;


iDecoなんて掛金が全額所得控除というメリット(それだって受け取り方次第ではメリットにならない場合も)がなければ、意味薄そう。


100%安全で確実に!
掛け金減らすも掛金が全額所得控除というメリットがあるから!
た、たしかにそれはそうなんだけれども、、、。


100%定期預金は、悪手かもしれまんせん。
市場が伸びているときは、定期預金に一定額残すとしても、いろんな投資信託で伸びているものも購入しておいたほうがいいかもしれません。

まぁ、167円くらいでガタガタ言うな!という話かもしれませんが。

なお、私は上記のような100%定期なので、毎月資産がiDecoで減っています。
掛金が全額所得控除になるためにやっているためではありますが、面白くはありませんね。
いっそ全部解約!ってことができないのもiDecoです。

やるメリットを感じないのならiDecoはやらないほうがいい制度だと思います。
すくなくとも、リタイアして働いていおらず、全額所得控除にメリットがないのなら、やる意味がありませんね。
そういう制度と理解するには、知名度が低いのが致命的な感じがします。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

「・・・インフレが到来すると言ったのは誰だ?」、私以外にも思っている人は多そうだ

●ZUU Onlineより
「官民あげての「インチキセールス」の破綻 インフレが到来すると言ったのは誰だ?」

「フィデューシャリー・デューティー」こと、受託者責任ですか。金融機関の都合ではなく「顧客のことを第一に考えろ」とありますが、一部賛成、一部反対と思っています。

あまりに阿漕な金融商品を売り出すのは問題も多かろうと思いますが、普通にアクティブファンド等で相応の費用を提示することのどこが悪い?というのが私の考え。それがあまりに高いと思うのなら、安いものがでるまで買わなければいいだけでしょう。別に押し売りしている訳でもありませんしね。


にしても、未だにインフレ、インフレ言う人が多いのが笑える。
お上や金融機関の言うことを、そのまま述べるのではなく、少しは現状を踏まえ、自分で考えてほしいと思うところだ。
以前の記事でも書いたけれども、脱デフレで計画的にインフレを起こそうとしている政策は、既に破綻していると思う。0金利したところで、インフレの兆しすらないように見えるだけに。


「フィデューシャリー・デューティー」こと、受託者責任は、感じてほしいところはありますが、あまりにひどくなければいいのでは?と。結局、多種多様な投資信託をして、自分で考え、そして選び、購入すればいいだけでしょうに。


記事にもあるよう、「フィデューシャリー・デューティー」が広く浸透したら、金融機関の一部は、撤退するかもしれませんね。たいして儲からないものをシステム化し、そして販売する必要性が見いだせないなら。まして赤字になるようならやる意味がありませぬ故。


最後に。
使えない金融庁は、いちいち口出しするのではなく、ない頭を使ってでも、NISAを改善でもしていてください。
それができない金融庁には、な~んも期待していません。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

もし、最後の投資信託を売却したら、再び投資信託を購入するかな?

円安が進み~、120円くらいになり~~、最後まで保有している1つの投資信託を売却したとき、、、
更に株主優待狙いの個別株を除いた数百万円も同時に売却したとき、、、

キャッシュが約5000万円くらいまで増えることになります。

昔の投資中毒の状況から脱していますので、キャッシュがあるのに投資しないことに不安がったり、機会の損失を嘆いたりといったことはありません。粛々と保持し続けられる、そういう心境になっています。


現在は危なそうなら一時撤退もあり!と考えて投資をしています。
最後の1つの投資信託を保有しているのは、自分の予想が外れ相場が上昇したときの保険というか、予想は外れたけど残していた投資信託の評価額が上がったのならいいかな、と、そう思いたかったからです。
ですが、上でも書いた通り投資中毒から抜け出した現在、それを踏まえてもどっちでもいいかなと。


思えば、数年前1.5億円、資産のほぼすべて投入していたのが笑える。
アベノミクスで上がったからこその1.5億円ではありましたが、よくもまぁそこまで投入したものだと、当時の自分の頭を除いたら、たぶん投資をしないことは、もったいない過ぎる!とか、生活防衛費なんて本当に最低限でいい!とか、そんなもので渦巻いていそうだ(笑


さて、キャッシュを多くして、金融資産がほとんどない状況となったとき、その後の投資計画をどうするかは、比較的簡単に考えています。

1)世界情勢が悪くなり、例えば、日経平均が10000円前半とか、またNYダウが15000ドルとか、現状に比べて数割減ったとか半減したとかの状況になるまで放置
2)株主優待狙いの個別株は面白いので、特に近場で気に入った店が上場とかしているようなら、積極的に購入を心掛けたい
3)大きく暴落後、半年とか数か月か、下げが止まった時点で、資金を金融資産に投入!

どこに投入するかは、あまり深く考えていません。
NYダウに対する投資信託やETFでもいいし、日経225に対する投資信託やETFでもいいし。
まぁ、リーマンショック後に多くを見てきたグローバルリートかUSAリートか、そっちに行きそうだけれども。

掲題の質問があるとするなら、上が書いた通り。それ以外は、あまり考えていません。そもそも、その割合をどうするかもあります。とりあえず、トヨタに4分の1、リートに4分の1、残り半分をキャッシュ。

それくらいが面白そうではあります。


最後に。
安い時に投入できる資金が多くある場合こそ、投資に大きく勝つことができる方法の1つだと。
リーマンショック後のような暴落の底値で買うことができれば、という前提がありますけれども。


※勝つ可能性が高そうなときにしか買わない!という選択肢はあってもいい。その可能性が読み切れるとは思えませんが、意図してそうしたいという話。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

ついに1000万円を超えたか

下手糞な日本株購入ができたかどうか、帰宅後に見ていますが、見る意味がないくらい値段に差が。
今日みたいな日ですら上がってしまっては、買えないじゃないか(苦笑。
まぁ、気長に。気長に。

そういえば、どうでもいいことなんですが、特定口座の損益一覧見ていて、源泉徴収税額の累計も大きくなったなぁっと。
実際には、別の証券会社の分もあるので、この額が全部ではありませんが、とうとう1千万円超えてましたね、税額。
損益通算分で戻ってきたものものあるので、実際に1千万円の税額が超えるのは、年末くらいにはなりそうだけれども。

●特定口座損益履歴
特定口座損益履歴20170519


10,009,355円かぁ。1000万円超えてしまったかぁ。
個別株で売買を多くして、大きな資産を作ってきた人の中には、それっぽっちか!とでも言われそうだけど。

20数年働いてきて、社会保障費は非常に多く支払ってきましたが、平均程度の収入における所得税、その合計はいったいいくらくらいなんだろうか?明細なんて古いのは捨ててしまってもう税額の総額なんてわかりませぬ故。

大半の金融資産は利益確定が終えており、その結果、評価損益は50万円程度です。利確しても10万円程度。今の金融資産の評価額がほぼほぼ資産額。


1つだけ。
過去のいろんな情報を捨てずにとっておけばと。
給与明細は、社会人1年目から全部取っておけば、どれくらい所得税を支払い、社会保障の費用を支払ってきたか。
そういうのを集計できて面白かったのに、とか。
家計簿をちゃんと取っておけば、生活費の推移や、貯蓄額の推移や、、、。
体重や視力、各種値とか、、、。

そういう自分に関わる統計の元データがあれば、、、
もし、昔の自分に言えるなら、その手の情報は残しておくと面白いぞ!と言いたいかな。
別に必須じゃないんですけどね。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

最低買付金額が100円でも1000円でもいいけど

別に1円でも10円でもいいと思います。ただ、100円で投資信託を購入して何をしたいのかな?と疑問はありますが。

生活防衛費以外は、全て端数を投資に!というのなら、100円単位でできたほうが1000円単位よりいいでしょう。
ですが、別に端数は来月に持ち越してもいいですし、スタバでコーヒー飲んだっていいじゃない?って感じです。

仕組みの問題です。端数処理でメリットやデメリットがあったとしても最後の端数分にしか影響しないと思えば、メリットもデメリットもなく。ただ100円からできる。それだけなのかなと思っています。


ただ、100円とか1000円とか、どこまで重要視するかですし、また勉強に繋がるのかな?と。
気になる程度の額を入れないと、世界情勢だとか、ドル円相場とか、そういうのって気にならないような。
いやいや、100円だって虎の子のお金さ!、その100円の動静をして、世界の市場や為替に興味を持ったんだ!
という人がいても、否定できませんしね。いるかどうか知りませんが。


ネット証券等のシステムでこういうのがあったら面白いな~っと思うとするなら、、、
・年月日指定
・金額指定
・開始日指定
・分配金、再投資/受け取りを選択
・指定した日の評価損益とトータルリターン
・開始~指定した日までをグラフで
そんな入力指定をして、あれを購入していたらこうなったとか、あの時売らずに今も保有していたらこうなっていたとか、複数の投資信託をして、こっちのが利回りがよかったとか、、、過去の実績からもしそのときそうしていたら、どうなっていたかとか、そういうのが見てみたいです。


まぁ、100円からできるけど、たくさんの余剰資金を集めて、多くを投入してもいいんですよ?(笑
100円で毎月積立、、、100銘柄やっても1万円!
あ、もしかして、自分でバランスファンドを作るように仕向けるための仕組みなのかしら???
いや、それは、ないか~(苦笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング