リタイアしたら絶対にやってみたいこと!いや、やるべきことかな

どんぶり勘定な性格が祟ってか、家計簿なるものを付けたことがありません。
新人の頃から、毎月10万円をおろし、1月をその範囲内で過ごすことを繰り返しています。
ただ、20代は守っていたこのルールも30代になるとちょっと緩やかになり、40代になるとガバガバになってしまっています。
絶対に月々20万円(自動引き落としの光熱費や通信費、マンションの管理費などは除く。これら合計6~7万円)は超えていない自信はあるので、黒字なのは間違いないのですが、10何万円使っているか、よくわからない状況が続いています。

なので、自分の出費において、何がどれくらいかかっているのか、きちんと統計をとってみたい。

残念なことに、まだ普通にサラリーマンを続けていることもあって、衣食住のうち衣服代はスーツやYシャツ、下着等くらいで殆どかかりません。普段着る服も、年数回程度の購入ですから、そこまで使っていません。
住宅に関しては、さすがに光熱費やマンションの管理費や修繕積立金等、上記で書いた通り6~7万程度でしょう。2軒分、支払っていれば、やっぱり高くなりますやね。

本代は、1~2万円。

問題は、やっぱり飲み代+食費でしょう。
これを正確に把握したいところ。

食費は、やっぱり5万円以内で済ませたいですね。
外食しかせずに自炊を全くやらないと、どうしてもエンゲル係数が高くなってしまいます。
調理器具も殆どありませんが、これからリタイアまでにそろえていきたいもの。

思えば、一人暮らしでオーブントースターは保有しても、電子レンジを保有したことがない。
これじゃ、自炊の幅が広がりませんから、家電量販店でそこそこのものを1つ。

友人曰く、圧力鍋あるといい!と言われましたが、そんなハードルが高いことができるものか!(笑
圧力鍋+レシピで検索すると、たくさんの肉料理が出てきます。

うむり、、、ビーフシチューの動画は、この真夜中に見るものじゃないですね。
牛筋の煮込みもおいしそうだ!


有り余る時間をして、自炊に目覚めると面白いのかもしれない。
このレシピの数を見る限り、料理の奥は深そうである!(笑



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

リタイアしても復帰できる職とできない職があるのではないかと思う

職次第だと思っています。

最先端技術の職に就き、一念発起してリタイア。10年後働けるか?と問われれば、難しかろうと。
技術をリタイアしても追っていればいけるだろうが。

逆に経験さえあれば、いつでも復帰できるような職もあろう。
その作業が殆ど変わらないならなおさらだ。


人とのつながりも10年も経てば殆ど切れている可能性はある。
少なくとも完全リタイアして世から離れていたなら。


安直に辞めて、そして金がなければ復職すればいいさと思うとして、、、
できる職とできない職があろうという考え。


そんな古臭い技術で何しにきたんだ?
あなたは、もう50歳すぎているんだぞ?

と言われたら、へこみそうだ(苦笑
※お金の為に復職は絶対にしないと思ってリタイアする予定。ただ、暇になったら仕事してそうだというのは、内緒だ(笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

妄想記事)リタイアして温泉宿に。さて、、、

ちょっとした温泉宿、1日1万円程度で宿泊できるとして、毎日滞在で1年で365万円。
3年で約1000万円。
30年で1億円だ。

もし、億り人となり、旅行好きなら資金が伴うならなんでもできそうだ。
アラフォーで30年後を想定するなら70前後(アラセブンっていうのかな?笑)。

体が十分に動くことを想定するなら、十分に楽しめそうだ。
ミニマリストを称し、最低限の物だけもって、ふらふらふらふら。
日本の温泉巡りでもいいし、また、各地観光地でゆっくり遊ぶもよし。

資金如何によっては、海外旅行でもいいし、豪華客船で世界をめぐってもいい。
まぁ、やる人は限りなく0だろうけれども。


私自身はインドア派なので、海外旅行どころか国内旅行ですら、面倒だなぁ~っと思ってしまうけれども。
アウトドア派で旅行好きとか、各地を巡るのが楽しいと思う人はどうなんだろうか?


世の中、億り人なんて珍しくもなく。
ブログ村に属するカテゴリだって、何人もいる(はず)。

どうして、億り人が悠々自適な生活について発信してこないのか?
ふ、ブログやってないからじゃ?(爆笑


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

リタイア40代、羨ましいとは思っていないつもりだけれども

アラフォーから40代半ばになり、リタイアについて考えることが多めになってきたような気がする。

たぶん、完全リタイアしたからといって、家で寝転んでグダグダしても、ただただ年を経るだけで面白くなく。
いくら読書が好きだからといって、一日10時間も、いやそれ以上読書だけじゃなんか、不毛な。
まぁ、今は通勤時間が減ってしまっているので、読書時間は2~3時間くらいかな。通勤が往復2~3時間かかっていた時代はそのすべてが読書(たまに資格試験の勉強)だったので、読書時間は減る傾向。まぁ、帰宅後に読んでいるのでそこまで減っているわけじゃありませんが。


さて、完全リタイアは、やはり40代で行いたいところ。
元気で、体を動かしたことをしたいから。

東京湾一周を自転車でやりたいのだが、40代ならともかく、50代でできるかねぇ・・・200kmくらいだったっけ。
自転車でゆっくり平均20km/hで10時間です。休憩に2時間くらい考えて12時間。
朝7時か8時、頑張ればできるレベル。
夏の炎天下や冬の寒い時期を除けば、あ、梅雨もきついかな。
超難関という訳でもないけれども、やってできないこともないレベルかな。
それには、日々節制して体重を落としつつ、100kmくらいを週末に走って慣らしたいところ。
20代は、よくしていましたが、30代以降、長くても50kmくらいなので、やるならいろいろと準備したい。


読書なんて、40代どころか、何歳になってもできますからね。
体を動かすことをリタイア後には、優先してやってみたい。
旅行などもね。そう、南米はウユニ湖とか、絶対に行ってみたい。イースター島なんかも。

同じ世代の友人が完全リタイア。仕事から離れて楽しそうだ。
仕事を卒なくこなす人ほど、仕事が集中して、辞める直前はすごい多忙だったらしい。
仕事は、若手ならともかく、中堅以上の場合、仕事を振ってもできない人は振るだけ無駄。
そう思っている人がいると、仕事が偏っていく。まぁ、できないやつをそれなりにできるようにさせるのが、本当のあるべき姿なのは間違いないのだが、やる気なく、やらせても適当で、そして仕事より自分の都合を最優先させる、そんな30代半ば以上は教えるのもどうかなと。上司をして、そいつを育てて戦力にさせようとするも、全員が途中であきらめて、その繰り返し・・・。
あぁ、なんか違う方向に話がいった、超脱線だ!(笑


仕事が嫌いな人こそ、収入と支出のバランスを良くして、過剰とも思える余剰金を作り、それなりのリスク許容度の下で資産形成に勤しみ、そして、完全りたいだろうと思う。
まぁ、そういうやつは貯金0だったりするんだけどね。無駄遣い多すぎ(笑


なんか、話が脱線しまくって何を言いたい記事かわからなくなってしまいましたが、、
元気なうちにリタイアをするべく、そしてリタイア後に何をしたいかちゃんと考えたいねと。
特に、もう数年もすれば完全リタイアするだろうと思っている(するとは言っていない)ので。


仕事よりやりたいことがあり、また経済的な問題がない。
いつリタイアするの?

今でしょ!!

ごめんなさい、最後の一言がいいたかった(爆笑
駄文でした^^;;;


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

5000万円あるからリタイアを考えるのではない

資産の多寡がリタイアの可否に密接につながることはあれど、その額がリタイアに十分かどうかと言えば、個々の条件次第としか言えない。

家族はあるのか?
持病はあるのか?
将来看る予定の両親や祖父母はいるのか?
生活レベルは高いのか?低いのか?
ローン等、借金はあるのか?
そして、お前様は何歳なのだ?

のような、いろんな条件が。

5000万円あってリタイアに十分すぎるとするなら、
家族はいない、または夫婦のみ
持病はない
両親や祖父母はいない。または、いても個々の生計は十分。
住宅ローンは払い終えている。
生活レベルは低目で、そして50代。

そんなところか。

リタイアができるかどうかで大きい要素、上での項目はどれも大事だけれども、一番大事だと思うのは年齢かと。
5000万円あります。現在30歳です。賃貸で独り身で悠々自適にやっています。
こつこつ貯めてきた資金を投資に回して、5000万円まで増やす事ができました。仕事が大嫌いなので、もうリタイアを考えようと思っています。

なんて、ケースがあったとして、将来も独身のまま?年金が65歳、残り35年をもって5000万円。年間約143万円。月にすれば約12万円。諸々の諸経費を支払ったとして、ミニマムライフを楽しみ、家族を持つにしても奥さんに頑張ってもらうことが可能ならできなくもない、そんなところか。

30歳が40歳になれば、年間200万円。月約17万円。
50歳になれば、年間333万円。月約28万円。

もう、50歳なら余裕でしょう。むしろ全額を年金支給までに使い切る必要もありませんからね。少ない額をして生活レベルを維持できるのなら、もう亡くなるまで余裕かもしれません。大きなマイナスなイベントでもない限り。


5000万円なんて、それだけをして何十年も余裕と言えるような資金ではありません。
セミリタイアのような月々の最低の生活費、そう数万円程度働くなら十分といえても。完全リタイアには、そして50歳を前にして行うには不足している、そういう程度でしかありません。


40歳半ばの私の場合、もう50歳なんて数える程度の年数しかありません。そして絶対に50歳まで働くつもりもなく、47歳や48歳、それくらいには完全リタイアをする予定です。もう、数年、そんな話ではあります。


知り合いに言わせれば、どうせ口ではそういいつつ、働き続けているんだろうに~、っと。
それこそ、ほぼ全員から言われていますが、結構辞めたい意思はあるんだろう?(自分で?を付けている時点でお察し


結局、お金の問題もありますが、リタイアに何を期待したいかなんだろうと思っています。

お金だけの問題で、完全リタイアができるのなら、年齢に関係なくリタイアしたい!仕事は大嫌いだ!
とか
やりたいことが多すぎて、仕事で時間を費やし、そして年齢を経ていくことに価値を全く見いだせない!やりたいことをやり遂げたい!
とか
子供も全員独立し、もう夫婦のみ。もう我武者羅に働く必要性を見いだせない!悠々自適にぬくぬくした老後を少し早めたい!
とか



結局は、5000万円とかお金の問題は、リタイアの可否に大きな影響は与えるのだろうけども、そのリタイアをしたいという大きな意思こそ完全リタイアへの原動力となるのだろうと思っています。

金があるからリタイアしようかな~なんて、屑のような考えではリタイアはしないほうがいい。
どうせ、リタイア後のあまり余った時間の使い方に苦労すると思うから。


さて、残り数年(?)。
リタイア後に何をしたいか、そろそろ本気で考える時期になっているのではなかろうか、そう思い始めた次第です。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング