リタイア後、海外移住は金銭的面で悪手になっていくんだろうな~っと思う

今、中国に行ってみるといい。
どのお店に入ったところで、激安とか、そういうのはなく。
ん?もしかしたら、日本の方が安く済むような、、、。

何年も前に中国に行ったとき、吉牛があって食べましたが、日本のが安くておいしかった記憶が。
あっちのは、甘くて・・・。

さて、中国は非常に物価が上がってきていますので、上記のような話も。

では、東南アジアは?
ことの大小はあれど、同じじゃないかな。
多くの資産ができて、海外移住はしたけれども、徐々に物価があがってきて、ちょっとやばそう!
ということが普通に起きつつあるのが、今かなと。

思うに、、、
日本の田舎や過疎の場所、または郊外に住むなら、海外よりよっぽど安く過ごす事ができそう。

私は日本大好きですから、好き好んで海外移住なんてこれっぽっちも考えていません。
ですが、海外の雰囲気が好きで海外移住がしたいという心境もわかります。

ただ、ことが資金面で安いから海外へ、、、というのは、悪手っぽい。ダメっぽい。

さて、海外移住をしたい人は、何を海外でしたいかを考えてみたいところ。
一生遊んで暮らすことを念頭にする場合、徐々に上がっていく物価は、なかなか難しそうだ。

どこぞの国のように、生死に係ったり、すごく住みずらかったりするなら、海外移住は有効すぎる手段だと思う。
さて、日本は住みやすいですか?それとも住みにくいですか?



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

リタイアならではの趣味

【映画】
映画、1000~1300円くらいですから。
自宅から遠くないので、ふらっと見たいなと思うものがあれば、見にいってます。

ただ、絶対に見る!面白そうだ!と思うのは、3月に1~2本くらいかな。
年間10~20回くらい見ていると思いますが、そのうち半分は時間つぶしみたいな感じのものもありますから。

なので、リタイア時、映画を見たいだけ見るというのは、選択肢になりえません。
聖地巡礼とか、そういうのもあまり興味ありませんし。
映画は、今まで通り気分転換といった感じで見ることが多そうです。

【読書】
今でこそ、月10冊程度しか購入していません。
一番多いときは、月50冊くらい購入していましたから、減ったものです。
そして、紙媒体の本も減り、電子媒体になりつつ。
何を読んだか?物理的に場所を取らない!更にセールやクーポンで安く買える場合もある!!
1日の読書時間は、平均1~2時間くらいか。引っ越しして通勤時間が減ったのが読書時間の減りにつながっている面もあり。

【自転車、お散歩】
20代の頃のように1日50~100km走るのはしていません。自転車で1日どれくらい走れるか!それだけでも楽しかった時期はあったのですが、今は自転車よりお散歩のが楽しい。
自転車の良い面は、数十kmが苦じゃないこと。だけれども、輪行でもしない限り、自宅~どこか~自宅といった感じになって、自宅から100kmくらいが限度。そして、何気に面倒なのがパンク。一度200km弱走ったときに、3回パンクしやがって・・・もう1回パンクすると修理ができないところで、ひやひやしたことが。
お散歩のよいところは、現地まで電車で行き、そこから10~20kmくらい歩いて、戻って宿泊。翌日帰宅とかできるから。
自転車で一番きついのは、自転車専用道路のようなものが殆どなく。車道を走る事が多いのだけれども、交通量が多いと危険を伴う。20代や30代の頃ならともかく、40代になると、とっさによけれないとかありそうだし。後、やっぱり人身事故とかも怖いですやね。保険に入ってはいるけれども。

どうなんでしょうかね?
リタイア後、2~3か月くらいの期間をかけて日本各地を巡り、お散歩三昧!たしかにそこまで大がかりならリタイアは必須か^^

【海外旅行】
日本国内旅行ですら多くを行っていないのに、海外旅行は興味なし。
ハワイは、キラウェア火山とか、アメリカのグランドキャニオンとか見てみたいけれど。どうなんだろうか?

【国内旅行】
軍艦島こと端島や屋久杉の屋久島とか、廃墟や壮大な自然(?)とか、そういうのが面白そう。
何気に鍾乳洞が好きで、それを巡ってみるのも面白そうだけれど。なお、探検隊のような洞窟探検のようなものでなく、家族で行ける観光鍾乳洞程度で十分なり。そうそう、何気にはとバスツアーが面白げと思っています。結構いろんなところへのツアーがあるようで。旅行初心者には、ちょうどいいのかもしれない。
何日も何日も、それも連続して行くならリタイアは必要だけれども。連休を使った旅行くらいなら、社会人でも行けそうだ。


リタイアしたら、間違いなく投資から距離を置くでしょうなぁ。
年間100万円程度、趣味枠とってもなんとかなりそうだし。いやいや、そんなに使いませんけどね。
美味しいものを食べ歩くとか、そんなにたくさん食べれませんがなぁ~。
とはいえ好きなお肉三昧。有名どころのステーキを!なんて、妄想も面白いかもしれない。やらないけど^^


リタイアするにしても、たぶん身内の仕事を手伝ったりする可能性もあり。
セミリタイア(?)っぽくなってしまうのは、ちょっとあれだけど、身内の仕事を適当に手伝うくらいならいいかなと思うところもなく。


今のように長時間働くのが嫌いじゃないんだけれども。
もっとゆっくりゆたりしたいものだ。


ん~・・・
1か月くらい温泉宿に滞在ってどうなんだろうか?
同じところじゃ、飽きちゃうかな?
※温泉地域で、2~3日に1回宿を変えるとか?(笑


リタイア後に続けられる趣味はあると面白そうだ。
今趣味にしていることをもっと拡大するような、そんなやり方が良さそうで、新たに何か!よりよさげ。


ゲームや麻雀、ギャンブルは、たぶんやらないなぁ。
見ているだけ~、年1~2回やれば十分~って感じも。


何かものづくりとかあるんだろうか?DIYとか面白いのかね?
植物栽培といったものもあるのか?
農業?
いやいや、ないない(笑


仕事が多忙で、こんな時間に適当につらつらと。
駄文乙!


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

家族持ちのリタイア願望

先日、アラフィフの人と飲み会の席でお話したのですが、、、なぜかリタイアの話になりまして。
いろいろ聞いていると、子が大学生らしく、卒業したら、もういいかな?って思うことがあるとか。

今どきは、半数が大学に行く時代ですからね。
そこまでは頑張るか!って話っぽい。

そういう意味では、独り身の場合、考えるは自分のことくらい。
親のことなんて知らね!って人も多そうで、自分さえよければ、リタイアへ!ってことに。

まぁ、独り身は気軽ですからね。そんなものだ。


今は晩婚とかになり、子供が生まれたの40代とか、別段珍しい話でもなく。
ただ、40歳で子が生まれたとして、一度も留年や浪人せずとも残り22年間、養育費もかかれば教育費もかかりますからね。大学まで行きたい!と言われれば、無理をしてでも行かせてあげたいと思う親は多そうです。とはいえ、子が2人ならともかく、3人以上いたら、、、教育費だけで破産しかねないですが。


いやぁ、がんばれ!お父さん!って感じです。
殆ど他人事、、、いや完全に他人事か。


そういえば、焼酎って殆ど飲んだことがないのですが、、、
黒霧島という焼酎をボトルで。
梅干し入れて、お湯割り!おいしゅ~ございました。

1つだけ。
焼酎のお湯割りの場合、お湯を先に入れるのが常識なんだそうだ!
初めて知りました。
ロックの場合は、また違うらしく。へぇ~って感じです。

殆ど焼酎に興味もなく、芋だろうが、米だろうが、麦だろうが、未だ全然わかりません。
ただ、暖かいホットな飲み方は、結構いける!って感じ。

●霧島酒造株式会社
「おいしい飲み方」


日本酒もそうだけれども、焼酎にもこだわりがある人は多そうですね!


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

リタイアまでに無理をする?しない?

話は、セミリタイアか完全リタイアかで変わるかと思います。
私の場合、暇だから仕事でもするか・・・といった心境でも陥らない限り、リタイアは完全リタイアしか考えていません。

今の仕事が嫌いでなく、そして普通のサラリーマン程度には貰っているのを考えれば、何もセミリタイアして、軽い仕事をする意味がない。軽い仕事をお金目的でするくらいなら、今の仕事を辞める意味がありませんからね。


さて、完全リタイアの場合、年を経るほど簡単になります。
年金支給の年齢になるまでの残年数が減りますからね。
55歳で完全リタイアと45歳で完全リタイアを例にするなら10年の差。年間180万円くらい使うのなら、1800万円ほど多く必要となる計算です。若い時分に完全リタイアすると、なかなか難易度が高いと言わざるを得ないかと。


で、ここで、掲題の件です。
もう、仕事が嫌いとか、早く自由を満喫したいとか、やりたいことだけやるんだ!というのなら、少々20代や30代を無理してでも多くを貯めるべきなのかなと思っています。1800万円余分にあれば、10年ほど早くリタイアできるというもの。
ぬる~く仕事をして定年まで働いて、あとは厚生年金と預貯金でぬる~く生きればいいやと思うか、、、
若い時分に何千万円もの資金を作り、そして40代で完全リタイア、、、

どっちがいいですかね?
私は、20代30代を無理してでも、40代以降でリタイアのがいいように思いますが。

なお、最初に書いていますとおり、これは完全リタイアへの資金面での感想です。
セミリタイアなら、数万円~10万円程度の収入をして、貯めてきた預貯金等と合わせて40代なんて余裕かもしれません。まぁ、ある程度、楽観的とか家族がいないとか、子供がいないとか、そういう条件はありそうではありますが。


人は、もう仕事をして稼がなくても大丈夫となったとき、何を考えるのか?
ふむり。

でもね、、、最後に1つだけ。
仕事が嫌いじゃない、ぬる~く行きつつ、社会的孤立は嫌とかなら、、、
完全リタイアは、お金の面とは別にありえないのかもしれませぬ。
楽な場合が多いですからね。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

リタイアしたら絶対にやってみたいこと!いや、やるべきことかな

どんぶり勘定な性格が祟ってか、家計簿なるものを付けたことがありません。
新人の頃から、毎月10万円をおろし、1月をその範囲内で過ごすことを繰り返しています。
ただ、20代は守っていたこのルールも30代になるとちょっと緩やかになり、40代になるとガバガバになってしまっています。
絶対に月々20万円(自動引き落としの光熱費や通信費、マンションの管理費などは除く。これら合計6~7万円)は超えていない自信はあるので、黒字なのは間違いないのですが、10何万円使っているか、よくわからない状況が続いています。

なので、自分の出費において、何がどれくらいかかっているのか、きちんと統計をとってみたい。

残念なことに、まだ普通にサラリーマンを続けていることもあって、衣食住のうち衣服代はスーツやYシャツ、下着等くらいで殆どかかりません。普段着る服も、年数回程度の購入ですから、そこまで使っていません。
住宅に関しては、さすがに光熱費やマンションの管理費や修繕積立金等、上記で書いた通り6~7万程度でしょう。2軒分、支払っていれば、やっぱり高くなりますやね。

本代は、1~2万円。

問題は、やっぱり飲み代+食費でしょう。
これを正確に把握したいところ。

食費は、やっぱり5万円以内で済ませたいですね。
外食しかせずに自炊を全くやらないと、どうしてもエンゲル係数が高くなってしまいます。
調理器具も殆どありませんが、これからリタイアまでにそろえていきたいもの。

思えば、一人暮らしでオーブントースターは保有しても、電子レンジを保有したことがない。
これじゃ、自炊の幅が広がりませんから、家電量販店でそこそこのものを1つ。

友人曰く、圧力鍋あるといい!と言われましたが、そんなハードルが高いことができるものか!(笑
圧力鍋+レシピで検索すると、たくさんの肉料理が出てきます。

うむり、、、ビーフシチューの動画は、この真夜中に見るものじゃないですね。
牛筋の煮込みもおいしそうだ!


有り余る時間をして、自炊に目覚めると面白いのかもしれない。
このレシピの数を見る限り、料理の奥は深そうである!(笑



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング