「【引っ越し】「駅からの近さ」と「部屋の広さ」どっちをとる?」、当然両方!(嘘ですよ

●キャリコネニュースより
「【引っ越し】「駅からの近さ」と「部屋の広さ」どっちをとる? 「会社との往復だから広さなんていらない」という強者も」

タイトルに書いたように両方!と言えるだけの格安物件または財力があればいいんだが。
まぁ、当然が如くそんなもの全員が全員ある訳でもないので、どちらかを選択する必要があります。

仕事の仕方にもよりますが、記事タイトルにもあるよう、ただただ寝るだけに戻るだけなら、広さなんて関係ありません。
私もどちらかを?と問われれば、駅近を選択します。会社が駅から近いのなら、小雨くらいなら傘いらずです(笑


都内で仕事場があって、仕事がそれなりに忙しいというなら、、、
通勤時間を減らすべく、駅近の1択になりそうだ。そして、都心にあるような仕事場なら、相場は安いわけもなく、結果的にワンルームマンション程度でも7~10万円くらいすることすら。駅から10分以上ならそこまででもないかもしれませんが。


実際20代、30代の頃は、仕事が終えるのが21時過ぎがデフォルトで、下手すると、、いや下手しなくても終電とか頻繁にありましたからね。寝られればいい、シャワーが浴びられればいい、要望はそれくらい。休みがあって自宅で寛いでいようが、広さを求めて何を?ということもなく。昔からオーディオ機器で音楽を沢山聴いてきましたが、そもそも集合住宅で大音量なんてありえませんから、音の響き方が違う!なんて贅沢な話にもなりえず。狭くても利便性を求めた方がいい、まぁ、そうは言っても予算の都合もありますから、駅数分はなかなか難しいですけどね。

学生時代も最初のワンルームも17~8m^2くらいだったかな。物がなければ、問題になりえません!
20代は、20m^2前後が多かったと思います。30代になって、2K物件に住んだ時、それでも40m^2くらいだったかなぁ。その広目の物件だって、寝るだけでまったく有効利用できていなかった。1つの部屋は引越しの段ボールで埋まっていましたからね。
広さがあっても有効利用ができないのが分かりきっているのなら、意味ないでしょう、広さというものが。


生活スタイル次第じゃないの?と記事は締めています。
私もそう思います。

私の生活スタイルを考えるなら、大きめなワンルームでいいような気もします。
本さえ処分できるのなら(できないんだな^^)、リビングだけで十分ですから。



~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

日本酒は、獺祭を楽しみたいと思いつつ

私自身、日本酒は銘柄をほとんど覚えていません。独特な名前が多く。
昔、友人に日本酒のおいしい店があると言われ、一緒にがぶがぶ飲んだのはいいのですが、、、
おいしい日本酒は、もう、止まらない!
1杯1杯おいしゅう~ございますと、楽しんでいたのですが、途中から止まらなくなって。

飲み屋で記憶が飛びかけたのは、あれが最初で最後(学生時代の飲み会は別(爆笑
(なお、その銘柄の名前を1つも覚えていないという。もう10年以上前の話です)

それ以来、日本酒はどんなにおいしくても、どんなに楽しんでいても、一定の量で止めています。
翌日には残らない程度、そうほろ酔いレベルまでと。


私の日本酒遍歴はそれほどでもなく。
元々、上善如水ばかり飲んでいました。たまたま購入した熟成の上善如水が気に入ったので、ここ数年ではそればかり。
ただ、別の店で友人に紹介された久保田。これは、こんなにおいしい日本酒もあるんだな~っと、これもここ数年でよく飲むようになりましたね。今も冷蔵庫に。そろそろ購入してから半年経つので、忘年会か新年会のどちらかで飲もうと思っています。


で、獺祭の話です。
深い意味はなかったんですが、いつも行っている酒屋さんで大々的にセールスやっていたのでというのが、主な理由です。
そもそも、獺祭って何て読むのだろう?というのが最初に興味を覚えたところ。
で、どれがいい?と尋ねたところ、二割三分はどうでしょう?と言われたので、そのまま購入したのが最初。
720mlを私を含めて3人で飲めば、そらすぐに無くなりますよね。
口当たりに癖がなく、私も含めておいしいおいしい、、、ぐびぐびっと。

なお、獺祭を推していますが、私が購入したことある獺祭は、上記の1本だけです。
以前より記事には書いていますが、自宅ではお酒をほとんど飲みませんので、そして日本酒はなるべく早めがいいこともあって、買い置きはしませんため。そして、獺祭ですが、思いのほか流通量が多いようで、いつでも気軽に購入できるのがよい。


今、獺祭のメーカーである旭酒造さんで製品一覧を見てみますと、、、
●旭酒造株式会社
「製品について」

・「獺祭」磨き その先へ
・「獺祭」遠心分離
・「獺祭」磨き
・「獺祭」
・「獺祭」発泡スパークリング
の種類があるようです。それぞれ、二割三分や三割九分など、種類もたくさんあるようです(詳しくは上記リンクより見てください)

どうせ、1年に数回も飲みませんから。おいしいお酒だけを飲みたいものです。


さて、上記のような獺祭があるわけですが、、、
・磨き その先へ
・磨き二割三分 遠心分離
・磨き二割三分
・磨き三割九分
・純米大吟醸50
※獺祭 等外は、一覧にありませんでした。残念。

上記5種類、それぞれ720mlで購入して飲み比べをしてみたいかなぁ。
幸いにも友人の何人かは、ザルなので、下手しなくても残らないと思います。

問題があるとするなら、、、
自身がどこまで差がわかるか!?
これがもし全くあたらなかったのなら、私の場合日本酒なんて全然わかってないじゃん!で終わるかと。
ウィスキーに関しては、少しだけですが自信がなくもないのですが^^;;; (それだってちゃんと試したわけじゃないですし


最後に。
お酒は嗜む程度でほどほどに。
これ置いておきます^^

●依存症治療ネットより
「【マンガ】で分かる依存症治療「『酒の味はおいしい』は錯覚!」」

この漫画の言う通りなら、アル中は味なんて全然わからず、アルコールがあればいいということになるのかな?
依存症って怖いですね。

それはそうと、この漫画、他にもあるのですが、面白いですね^^


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

Allianz Global Wealth Report 2017を読んで、格差問題を改めて考える

●CREDIT SUISSE より
「Allianz Global Wealth Report 2017」

このレポートの112ページ目「Table 3-1: Wealth pattern within countries, 2017」が面白い。
※消費しないピノキオさんの記事を読んで私も!^^
この表をExcelに取り込み、いろんな並び替えをしてみましたが、、、

10000ドル以下の割合をして昇順に並び替えたのが以下。
●1万ドル以下でソートした上位30国(日本を強調、右2列は付け加え)
10000ドル以下

中間層が壊滅とか、相対的貧困がとか、いろいろ左巻きのご都合主義の愚か者たちは言いますが、このレポートで集計されている171国の結果を見ると、まだまだ中間層も厚ければ、貧困は多くないと。

まぁ、1万ドルといえば、120円で計算したとしても120万円。
日本で120万円あったからといって中間層かと問われれば、う~んということはありますが、、その120万円すらない層が非常に少ないというのは、それだけ日本では富がそれなりにあるとうことか。


なお、エチオピアやマラウィなんて、1万ドル以下が100%ですからね(このソートの最下位2国)。
相対的貧困はないでしょうけれども、どれだけ大変かと思えば。

相対的貧困なんてものは、マスゴミや支援団体が都合よく使うだけの言葉だと思うところ。
相対的貧困がない、または少ない国と、日本とで状況をして、比較してみればいい。
どれだけ恵まれているかがわからない愚か者は、自己を被害者が如く、助けてねぇねぇ、、、っと。
やることやってきた人でなければ、助けたくもないという考えは比較的まともなんじゃないかと思うところです。
※ 現在貧困の年配の方々の記事を読むと、多くを稼いだ時期にまったく預貯金せずすべて使っている人が多すぎる。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

規則を守らず、自己の主張が取り入れられると思っている時点で最悪手と思う

●朝日新聞 より (ヤフーニュース)
「乳児連れ議会出席、是非は?女性市議が同伴、開会遅れる」

「乳児連れ議会出席、是非は?女性市議が同伴、開会遅れる ヤフコメ」


やっていることが正しいと思うのなら何をしてもいいというのなら、法治国家である必要がない。
人によっては、ある見方が正しかろうとも、別の見方をすれば正しくない場合もある。

自分が正しいと思えば何をしてもいいことにならないのは、私が言うことでもなく。
規則を変えたいのなら、議論をして納得をさせたうえで、仕組みを作っていくしかない。


ヤフコメを絶対視する必要はありませんが、ここまで全否定されるのは珍しいと思うほどに否定されています。
それは、同じ女性のコメントでも、子育てしている方にしても。


最後に1つコメントを引用させていただきます(yoさんのコメントより抜粋)
「世の中の働くお母さん達は仕事に連れて行きたいんじゃなくて預けられる場所が欲しいんですよね…すごい勘違い。」

私もそう思います。
アピールのために子供を利用しただけというのが、明け透けだけに。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと

投資ブログの大半は、矛盾がいっぱいと思う

投資至上主義、投資をしない人を扱き下ろし、定期預金をバカにする。
市場は概ね右肩上がりと信じてやまない。
投資の世界でも複利は成り立つと言い、年率XX%という猿でもできるような計算をしてグラフにして悦に入っている。


最初の意見はただの愚か者で何を言うこともありません。ただの、狂った、そう狂人でしかないかと。ただの投資バカ。
次の2番目の意見は、それを信じなければ投資なんてやっていられません。何十年もして結局±0になるはずだ!と言う前提ならやる意味がありませんしね。
最後のは、猿だな。愚かな人というところすらありません。猿です(笑。


何が言いたいかというのなら、複利を信奉しているのなら、早い段階で資金を確保し、多額ともいえる額を投資に回さなければ、まったくもって矛盾した話になるだろうと。そして、右肩上がりとの組み合わせを考えるなら、ドルコスト法でやろうが問題ありませんが、都度都度全額投資していなければおかしい。

もしもの事があったら、、ん?
そんなもの全力投資している金融商品の一部を最低限解約するだけでしょう?全部解約する必要はありませんけど?
まして、サラリーマン等の定期的に給与収入があるなら、金融商品を解約する必要すらありません。

投資信託にしたって、個別株にしたって、それ以外の金融商品にしたって多くは非常に流動性があります故。解約指示を出した数日後にはキャッシュ化されるでしょう。最低数日は問題ない額を手元に用意してあれば、問題にもなりえません。


投資ブログが多くなってきたのは、リーマンショック前くらいのいろんな金融商品が増えてきた時代からかと思っています。ネット環境も整ってきていますしね。
これは結果論でしかありませんが、、、
もし、その頃から限りなく全額、ぎりぎりまで投資をしていたら、、、リーマンショックを受けようが受けまいが、資産は最低でも1.5倍以上になっているのではないかと。人によっては、そう金融商品の選択次第では、2倍や5倍、さらに10倍以上もいるでしょう。そう、複利を信奉して、ほぼ全額投入してきたなら、もう左団扇でしょうな。数千万円とか1億とか、そんなちゃっちい額じゃない人も多そうだ。


各自、自分のポジションがあり、そのポジショントークなるのは当たり前。
ですが、矛盾一杯の意見をして、年率XX%でグラフを書いているよとか、またドルコスト法の有用性を語り始めたよとか、、おなか一杯です。

お金の多寡が偉いはあり得ませんが、お金の多寡で投資手法が変わるのは十分あり得ると思っています。
恰好いいこと言うなら、あなたはいくらの額をして、その投資戦略を行っているんですか?と、聞きたくもなります。
ポートフォリオだけ提示している人は、まったく参考になりません。そんなもの最初から結論が出ているだけに。


~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~ ~ ※ ~
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ  にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ  にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ  にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
興味持てたとか、少しは意味があったかな~と思われた方は、ポチっと
プロフィール

煙々

Author:煙々
FC2ブログへようこそ!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
フリーエリア
アクセスランキング